[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

美人すぎる旗手、涙のエストニア凱旋 “感激の抱擁”公開「どう感謝を伝えれば…」

平昌五輪は終了し、感動を届けた選手たちは続々と母国に帰国しているが、エストニアの「美人すぎる旗手」として話題を集め、スピードスケート女子マススタートで大逃げで4位と健闘したサスキア・アルサルがインスタグラムを更新。母国に帰国すると熱烈な歓迎を受け、子供と交わした“涙の抱擁”を写真つきで報告した。海外ファンから「美しき国の誇りの帰還に拍手」と労いの声が上がっている。

サスキア・アルサル【写真:Getty Images】
サスキア・アルサル【写真:Getty Images】

開会式&大逃げで話題を呼んだアルサル、母国凱旋で熱烈な歓迎に思わず涙

 平昌五輪は終了し、感動を届けた選手たちは続々と母国に帰国しているが、エストニアの「美人すぎる旗手」として話題を集め、スピードスケート女子マススタートで大逃げで4位と健闘したサスキア・アルサルがインスタグラムを更新。母国に帰国すると熱烈な歓迎を受け、子供と交わした“涙の抱擁”を写真つきで報告した。海外ファンから「美しき国の誇りの帰還に拍手」と労いの声が上がっている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 アルサルは28日にインスタグラムを更新。画像と動画を合わせて公開し、母国凱旋を報告した。

 大きな荷物を載せたカートを押し、空港の到着口に現れたアルサル。待ち受けたファン、関係者から一斉に大歓声が上がり、嬉しそうに笑みを浮かべた。画像では小さな子供から花を受け取り、目を閉じ、感激の表情で抱きしめている。エストニア国旗の3色をほどこしたイヤリングを着け、被っているのは話題を呼んだ開会式で被っていた白のニット帽。美しさは今も変わらない。

 投稿では、歓迎を受けたことへの感謝をつづっている。

「私に涙をもたらすくらい温かな出迎えに、どうやって感謝を伝えればいいのか言葉が見つかりません。皆が考えている以上に、私にとってそれは全てを意味するから」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集