[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 【平昌 夢の跡】羽生結弦、“その後”の大フィーバー “異競技挑戦”も続々話題に…

【平昌 夢の跡】羽生結弦、“その後”の大フィーバー “異競技挑戦”も続々話題に…

3日間にわたり、平昌五輪で話題を呼んだ名場面を振り返る連載「平昌 夢の跡」。今回はフィギュアスケート男子シングルで66年ぶり連覇を果たした羽生結弦(ANA)、“その後”に起きた大フィーバー。代名詞となった「プーさんの雨」はもちろん、練習中の“異競技挑戦”が次々と海外メディアに取り上げられるなど、一挙手一投足が注目の的になる世界的なスターとなった。

羽生結弦【写真:Getty Images】
羽生結弦【写真:Getty Images】

「名場面総集編」―66年ぶり連覇後は「プーさんの雨」の行方などが続々話題に…

 3日間にわたり、平昌五輪で話題を呼んだ名場面を振り返る連載「平昌 夢の跡」。今回はフィギュアスケート男子シングルで66年ぶり連覇を果たした羽生結弦(ANA)、“その後”に起きた大フィーバー。代名詞となった「プーさんの雨」はもちろん、練習中の“異競技挑戦”が次々と海外メディアに取り上げられるなど、一挙手一投足が注目の的になる世界的なスターとなった。

【PR】夢は「6億円」だけじゃない ついに開催1000回、スポーツくじが築く未来とは

 66年ぶりの連覇を果たした羽生は一躍、世界の注目の的となった。影響力の大きさを証明するように、競技以外の話題が次々と脚光を浴びた。その一つが「プーさんの雨」だ。ショートプログラム(SP)とフリーの演技後、滑り終えると客席のファンから200~300個はあろうかという黄色いクマのぬいぐるみがシャワーのように降り注いだ。

 SP前には、羽生の後を滑るネイサン・チェン(米国)が「ユヅの後に演技したことは何回かあるけど、唯一忘れてはいけないことはプーさんの雨だね」と話したほど。さらに、実際の様子については米紙「ニューヨークタイムズ」が「いつも通り、くまのプーさんの人形の洪水が氷上に押し寄せた」と表現。投げ込まれたぬいぐるみの行方も、海外メディアに特集された。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー