[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、納得いかない“不満判定”の決定的瞬間に米注目「オオタニを凍らせた」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が6日(日本時間7日)、本拠地レンジャーズ戦に「2番・指名打者」で先発出場したが、4打数無安打だった。6回にはボールと確信した球がストライク判定に。見逃し三振で苦笑いした決定的瞬間の動画に対し、米ファンは「外だ」「冗談だろ?」と反応している。

レンジャーズ戦に「2番・指名打者」で先発出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
レンジャーズ戦に「2番・指名打者」で先発出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

大谷翔平が見逃し三振、ストライク判定に不満そうな表情

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が6日(日本時間7日)、本拠地レンジャーズ戦に「2番・指名打者」で先発出場したが、4打数無安打だった。6回にはボールと確信した球がストライク判定に。見逃し三振で苦笑いした決定的瞬間の動画に対し、米ファンは「外だ」「冗談だろ?」と反応している。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 大谷がまたも判定に泣かされた。0-2の6回2死走者なし。カウント3-2からの92マイルの速球だった。外角低めに投げ込まれた1球に対し、大谷は自信を持って見逃した。しかし、一塁へ歩き出だそうという瞬間、球審が三振をコール。大谷はがっくり肩を落とし、不満そうな苦笑いで納得のいかない様子を見せると、本拠地のスタンドからブーイングが巻き起こった。

 SNS上で動画が拡散する中、MLB公式サイトの若手有望株格付けコーナー「MLBパイプライン」公式ツイッターは「アレクシー(相手投手)がオオタニを凍らせて13人連続アウトを奪った」と動画付きで投稿。一部の米ファンは「外だ」「冗談だろ?」「ボールだね」「オオタニは審判にやられているね」「明らかにボール」と擁護する側の声が上がっている。

 大谷は2試合ぶりの44号はならず、チームは0-4で敗れた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集