[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • コリア、涙の全敗終戦も芽生えた“絆” 韓国選手「彼女たちとの別れは寂しい」

コリア、涙の全敗終戦も芽生えた“絆” 韓国選手「彼女たちとの別れは寂しい」

平昌五輪は20日、アイスホッケー女子7、8位決定戦で韓国・北朝鮮合同チーム「コリア」はスウェーデンに1-6で敗れ、1次リーグを含め、5戦全敗で大会を終えた。歴史的1勝には届かなかったが、韓国メディアは「価値ある飛躍」「歴史的な歩み」と奮闘に拍手を送り、韓国選手が「彼女たちと別れるとなると、寂しさが残る」と話したことを伝えている。

チーム「コリア」は5戦全敗で大会を終えた【写真:Getty Images】
チーム「コリア」は5戦全敗で大会を終えた【写真:Getty Images】

アイスホッケー南北合同チーム「コリア」、韓国メディアは奮闘称える

 平昌五輪は20日、アイスホッケー女子7、8位決定戦で韓国・北朝鮮合同チーム「コリア」はスウェーデンに1-6で敗れ、1次リーグを含め、5戦全敗で大会を終えた。歴史的1勝には届かなかったが、韓国メディアは「価値ある飛躍」「歴史的な歩み」と奮闘に拍手を送り、韓国選手が「彼女たちと別れるとなると、寂しさが残る」と話したことを伝えている。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 地元紙「スポーツ挑戦」は「涙で幕を下ろした“紆余曲折”統一チーム」と特集している。「試合後に選手たちは抱き合って涙を流した。いつも冷静な表情の選手たちも、眺めていたマレー監督もやはり涙を拭った。最下位は残念だったが、これ以上、一緒にできない名残惜しさがより大きかった」と急造ながら一つに結束したチームが涙に暮れたことを伝えている。

 地元紙「スポーツ東亜」は「南北が皆、泣いた…統一チームがオリンピック舞台を去った日」と見出しを打って伝えている。最後にゴールを決めた韓国のハン・スジンは「北朝鮮の選手たちは皆、明るくて天真爛漫だった。政治的な問題とは別に彼女たちと別れるとなると、寂しさが残る」と話したという。

 一方、シン・ソジョンは「初めは北朝鮮選手たちが怖かったりもしたけど、私たちに先に心を開いて近づいてくれて、すぐに親しくなった」と笑顔を見せた。政治的な背景もあり、当初はコミュニケーションに難しかったが、別れが名残惜しくなるほど絆は深まっていたようだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー