[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

桐生祥秀のレースをトラック内側で観戦可能 福井で行われた魅力満載の大会「ANG」とは

福井ならではの陸上大会が28日、今年も開催された。6種目のトップ選手が集った「アスリートナイトゲームズ(ANG)イン福井」。男子100メートルは桐生祥秀(日本生命)、男子200メートルでは小池祐貴(住友電工)が優勝するなど、東京五輪代表11人が出場した。クラウドファウンディングで運営費を賄い、トラック内側には特別観覧席が設けられるなど、エンタメ要素を取り入れた大会だ。

トラック内側に特別観客席が設けられており、競技を間近で見ることができる【写真:荒川祐史】
トラック内側に特別観客席が設けられており、競技を間近で見ることができる【写真:荒川祐史】

福井陸協が主催、クラウドファウンディングで500万円以上集める

 福井ならではの陸上大会が28日、今年も開催された。6種目のトップ選手が集った「アスリートナイトゲームズ(ANG)イン福井」。男子100メートルは桐生祥秀(日本生命)、男子200メートルでは小池祐貴(住友電工)が優勝するなど、東京五輪代表11人が出場した。クラウドファウンディングで運営費を賄い、トラック内側には特別観覧席が設けられるなど、エンタメ要素を取り入れた大会だ。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 同大会は福井陸協が主催。クラウドファウンディング3年目の今年は当初の目標金額を300万円に設定していたが、304人から502万5000円が集まった。資金は運営費のほか、上位選手への活動支援金などに使われる。会場の福井県営陸上競技場は、2017年に東洋大4年だった桐生が日本勢初の9秒台、9秒98を叩き出した場所。愛称は「9.98スタジアム」だ。

 陸上ファンから高い関心を集める同大会は欧州のナイター陸上をヒントに実現。アップテンポのBGMが流れ、DJが実況で盛り上げるなどエンタメ性に長けている。中でも注目すべきは、トラック内側に特別観客席が設けられていることだ。

 桐生や小池、男子110メートル障害の高山峻野、女子400メートルリレーの青山華依ら、東京五輪に出場したトップ選手が数メートル先を走り抜けていく。トラック外側で行われる走り幅跳びの時には、オレンジのシャツを着たファンはトラック上に移動して座り、迫力満点の様子を目に焼き付けていた。

 コロナ禍前の2019年大会には全体で約1万人が訪れたが、昨年から制限を設け、今年の観客は約1700人に抑えた。限られた人数が大声を出すことなく、手に持った棒状バルーンを叩き、全力を見せてくれる選手を応援していた。東京五輪はほとんどが無観客だった陸上競技。出場したオリンピアンも、観客の存在の大きさを再認識していた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集