[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

稲見萌寧、足裏の激痛に耐えてV 他の選手に敬意「独走の7勝じゃない。みんな強い」

女子ゴルフの国内ツアー・ニトリレディス最終日が29日、北海道・小樽CC(6695ヤード、パー72)で行われ、3打差の4位で出た東京五輪銀メダルの稲見萌寧(都築電気)が5バーディー、ボギーなしの67で回り、通算16アンダーで逆転優勝した。3か月ぶりの今年6勝目&ツアー通算8勝目。コロナ禍による2020-21年統合(52試合)の変則シーズンだが、シーズン7勝は歴代2位タイとなった。

キャディーとグータッチする稲見萌寧【写真:Getty Images】
キャディーとグータッチする稲見萌寧【写真:Getty Images】

ニトリレディス最終日

 女子ゴルフの国内ツアー・ニトリレディス最終日が29日、北海道・小樽CC(6695ヤード、パー72)で行われ、3打差の4位で出た東京五輪銀メダルの稲見萌寧(都築電気)が5バーディー、ボギーなしの67で回り、通算16アンダーで逆転優勝した。3か月ぶりの今年6勝目&ツアー通算8勝目。コロナ禍による2020-21年統合(52試合)の変則シーズンだが、シーズン7勝は歴代2位タイとなった。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 11月6日オープン、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」とは

 稲見は強い。5番パー4、残り100ヤード超の第2打はグリーンでワンバウンドした後にピンに直撃。カップのそばにポトリと落ち、楽々とバーディーだ。ピンに当たっていれば大きく奥に飛んでしまっていたシーン。運も味方につけると、続く6番も1つ伸ばして単独首位に。全美貞に1打差に迫られた後の15番でバーディーを奪って突き放し、逆転Vを掴みとった。

 前週は単独首位で出た最終日に4連続を含む7ボギーの大崩れで2位。賞金ランクトップの小祝さくらに優勝を譲ったが、今週は小祝の3連勝を阻止した。勝因は「一番は最終組で回らなかったこと」と説明。「ピリピリとした感じからは少し免れた」と振り返った。

 この日は「歩けないくらい痛くて」と時折右足を引きずる仕草を見せた。前夜から足の裏に「魚の目のようなもの」ができ、テーピングを巻いて出場。激痛を堪えながら戦い抜き「唯一の救いはスイングの時は痛くなかった。歩くのが痛かったけど、そこは助かりました」と安堵した。

 大会前から「球が当たらない」と不調を痛感。「半信半疑」と迷いがあった。「自分の打っている感覚、狙ったところに打てていないのが調子がよくないと感じていたところです。ギリギリの中でなんとかやったという感じです」。不調でも勝てるところは底力のある証拠だ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集