[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ザギトワ、演技途中に放送ch切り替えでファン嘆き「あたふたしてる間に終わってた」

平昌五輪は12日、フィギュアスケート団体フリーが行われ、女子フリーで15歳のアリーナ・ザギトワ(OAR)が自己ベストを更新する世界歴代2位の158.08点をマーク。衝撃の五輪デビューを飾ったが、地上波で中継したNHKでは演技途中にチャンネルが切り替わる場面があった。フィギュアファンから「あたふたしてる間に終わってた」などと嘆く声が上がっている。

アリーナ・ザギトワ【写真:Getty Images】
アリーナ・ザギトワ【写真:Getty Images】

人気のロシア選手の演技途中にサブチャンネルに切り替わり

 平昌五輪は12日、フィギュアスケート団体フリーが行われ、女子フリーで15歳のアリーナ・ザギトワ(OAR)が自己ベストを更新する世界歴代2位の158.08点をマーク。衝撃の五輪デビューを飾ったが、地上波で中継したNHKでは演技途中にチャンネルが切り替わる場面があった。フィギュアファンから「あたふたしてる間に終わってた」などと嘆く声が上がっている。

【特集】歴史を作った“侍パドラー”がカヌーに捧げた人生「もっと広まって欲しい」 / カヌー・羽根田卓也選手インタビュー(GROWINGへ)

 赤いチュチュをまとったザギトワは「ドン・キホーテ」の荘厳なメロディーに合わせ、いつものように前半は美しいステップ、スピンを披露。ただし、7本のジャンプを固めた後半に差し掛かった演技の途中、地上波で中継していたNHKの番組が切り替わった。サブチャンネルで演技は続いた。

 後半もジャンプをすべて成功させて滑り切ると、場内は大喝采。自己ベストを更新する世界歴代2位の「158.08」をマークし、キスアンドクライで思わず笑みがこぼれ、前日にショートプログラムで世界歴代最高得点をマークしたメドベージェワも笑顔で拍手を送るシーンが映し出されていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
BNPパリバ・オープン、ダゾーン独占中継
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集