[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 15歳ザギトワ、衝撃の五輪デビュー 世界歴代2位の158.08点 女王メドベも拍手

15歳ザギトワ、衝撃の五輪デビュー 世界歴代2位の158.08点 女王メドベも拍手

平昌五輪は12日、フィギュアスケート団体フリーが行われ、15歳のアリーナ・ザギトワ(OAR)が自己ベストを更新する世界歴代2位の158.08点をマーク。衝撃の五輪デビューを飾り、前日の世界女王エフゲニア・メドベージェワ(OAR)に続き、圧巻の演技を披露した。

アリーナ・ザギトワ【写真:Getty Images】
アリーナ・ザギトワ【写真:Getty Images】

前日の世界歴代最高メドベージェワに続く衝撃…場内大喝采

 平昌五輪は12日、フィギュアスケート団体フリーが行われ、女子フリーで15歳のアリーナ・ザギトワ(OAR)が自己ベストを更新する世界歴代2位の158.08点をマーク。衝撃の五輪デビューを飾り、前日の世界女王エフゲニア・メドベージェワ(OAR)に続き、圧巻の演技を披露した。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 衝撃の五輪デビューだ。ザギトワは赤いチュチュをまとい、リンクに現れると、堂々たる演技を見せた。「ドン・キホーテ」の荘厳なメロディーに合わせ、いつものように前半は美しいステップ、スピンを披露。さらに、後半に固めた7本のジャンプはすべて完璧に成功させた。滑り終えると、場内は大喝采。15歳の表情に笑みが浮かんだ。

 スコアは1月の欧州選手権で記録した自己ベストを更新する世界歴代2位の「158.08」。キスアンドクライで思わず笑みがこぼれ、前日にSPで世界歴代最高得点をマークしていたメドベージェワも笑顔で拍手を送った。

 ザギトワは今季、シニアデビュー。GPシリーズ、ファイナル、ロシア選手権をすべて制覇。そして、1月の欧州選手権では女王メドベージェワに2年ぶりに個人戦で土をつけ、一躍、シングルの金メダル候補に挙がっていた。

 メドベージェワとは同じコーチ、練習場のもとでしのぎを削ってきたザギトワ。15歳らしからぬ完璧な演技を披露した美しき天才少女はフリーでどんな演技を見せるのか。シングルのメドベージェワとの激突が今から楽しみだ。

(THE ANSWER編集部)

DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー