[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

五輪の魔物? 宇野堂々も…チェンらミス続出 米メディア驚き「予測不可能な団体戦」

平昌五輪は9日、フィギュアスケート団体予選が行われ、第1種目の男子ショートプログラム(SP)で五輪デビューとなった宇野昌磨(トヨタ自動車)が登場。103.25点をマークし、首位発進を決めた。しかし、同じく初出場で今季無敗のGPファイナル覇者ネイサン・チェン(米国)、ミハイル・コリヤダ(OAR)にミスが相次ぐなど、波乱の幕開けとなった。

首位発進の宇野昌磨【写真:Getty Images】
首位発進の宇野昌磨【写真:Getty Images】

初出場チェン、コリヤダら転倒、まさかの展開に「とてつもなくぬかるみ、予測不可能」

 平昌五輪は9日、フィギュアスケート団体予選が行われ、第1種目の男子ショートプログラム(SP)で五輪デビューとなった宇野昌磨(トヨタ自動車)が登場。103.25点をマークし、首位発進を決めた。しかし、同じく初出場で今季無敗のGPファイナル覇者ネイサン・チェン(米国)、ミハイル・コリヤダ(OAR)にミスが相次ぐなど、波乱の幕開けとなった。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 これが、五輪の魔物か――。リンク上で驚きの光景が繰り広げられた。男子シングルで金メダル候補に挙がる米国のチェンは4回転トーループが抜け、2回転となり、3回転半では転倒するなど、ミスが続出。今季はGPシリーズ戦、ファイナルを含め、全勝だった18歳は五輪デビュー戦で80.61点で4位に沈んだ。

 今季、GPシリーズで初優勝し、ファイナルで3位に食い込んだコリヤダも転倒。74.36点で、10か国で8位発進とまさかの展開になった。ソチ五輪銀メダリストのベテラン、パトリック・チャン(カナダ)もミスが出て81.66点と得点を伸ばせず3位。フィギュアスケートのオープニングゲームは、まさに波乱となった。

 米スケート専門メディア「icenetwork」は「とてつもなくぬかるみ、予測不可能な団体戦の男子SPはショウマ・ウノの首位で終えた」と公式ツイッターで驚きをもって速報。そんな中でもチェン、コリヤダと同じ五輪デビュー戦ながら唯一の100点超えをマークした宇野の勝負強さは、際立っていた。

 10か国が出場するフィギュアスケート団体は男女シングル、ペア、アイスダンスの各4種目で順位ごとに与えられる得点を争い、上位5か国が決勝に進出する。日本にとっては堂々たる宇野の演技により、幸先のいいスタートとなった。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集