[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

有村智恵、2位発進 ドライバーで80yミスも「1日1回くらいはそういうこともある」

女子ゴルフの国内ツアー、ニッポンハム・レディスは8日、北海道・桂GC(6763ヤード、パー72)で開幕。ツアー通算14勝の有村智恵(日本HP)は7バーディー、3ボギーの68で回り、4アンダーで首位と1打差の2位と好発進を決めた。堀琴音(ダイセル)が5アンダーで首位。

4アンダーで首位と1打差の2位と好発進を決めた有村智恵【写真:Getty Images】
4アンダーで首位と1打差の2位と好発進を決めた有村智恵【写真:Getty Images】

ニッポンハム・レディス初日

 女子ゴルフの国内ツアー、ニッポンハム・レディスは8日、北海道・桂GC(6763ヤード、パー72)で開幕。ツアー通算14勝の有村智恵(日本HP)は7バーディー、3ボギーの68で回り、4アンダーで首位と1打差の2位と好発進を決めた。堀琴音(ダイセル)が5アンダーで首位。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 インスタートの有村は前半で2つ伸ばすと、後半に入って1番から4連続バーディー。6アンダーで一時単独首位に立った。しかし5番のパー3で1つ落とすと、588ヤードと長いパー5の7番はドライバーでのティーショットで80ヤードしか飛ばせないミスショット。2打目以降でリカバリーしたが、1.5メートルのパーパットを外してボギーだった。

 有村はホールアウト後、「ショットもパットも程よく良かった。ミスはちょこちょこありましたけど、パットが入ってくれたのが大きかった。『お先』につけられたバーディーもあったので、どちらもほどほどに良くて、ほどほどに悪かった」と振り返った。

 7番はドライバーでのチーピンが出てのミスショット。有村は「7番は結構、私の中で頑張って曲げてドローを打たないといけない。頑張ってドローを打つのが、私の中で簡単なことではなかったので、思い切って打とうと思っていったら……」と苦笑い。それでも「木に当たってフェアウェーに戻ってきてくれたのがラッキー。このコースは曲げなきゃいけないホールが何ホールかあるので、その中で1日1回くらいはそういうこともあるかなと」とサバサバと話した。

 今年は19位が最高。2日目以降へ向けては「このコースは1秒たりとも気が抜けない。すごく頭を使って距離感のイメージを出していかなければいけない。でも気負い過ぎず、フラットな状態で、この綺麗なコースを楽しみながら頑張りたいと思います」と意気込んでいた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集