[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

中谷正義、元3団体王者ロマチェンコに9回TKO負け ビッグネーム相手の大番狂わせならず

ボクシングWBO世界ライト級5位の中谷正義(帝拳)が26日(日本時間27日)、米ネバダ州ラスベガスで行われたノンタイトル12回戦で元3団体同級統一王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)と対戦。9回TKO負けを喫し、番狂わせとはならなかった。中谷の戦績は19勝(13KO)2敗、ロマチェンコは15勝(11KO)2敗。

ライト級ノンタイトル12回戦でロマチェンコ(左)のパンチを浴びる中谷正義【写真:AP】
ライト級ノンタイトル12回戦でロマチェンコ(左)のパンチを浴びる中谷正義【写真:AP】

ライト級ノンタイトル12回戦

 ボクシングWBO世界ライト級5位の中谷正義(帝拳)が26日(日本時間27日)、米ネバダ州ラスベガスで行われたノンタイトル12回戦で元3団体同級統一王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)と対戦。9回TKO負けを喫し、番狂わせとはならなかった。中谷の戦績は19勝(13KO)2敗、ロマチェンコは15勝(11KO)2敗。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 大金星とはならなかった。世界的スーパースターとの大一番。初回にバッティングがあり、ロマチェンコは額から出血。中谷も右目が少し腫れた。3回、中谷はロマチェンコの左を被弾するも、両手を広げてアピール。しかし、5回終了間際にクリンチをきっかけにダウンを喫した。その後は猛攻をしのいできたが、9回に連打を浴び、レフェリーが試合を止めた。ウクライナの英雄は貫禄を見せた。

 32歳の中谷は、後に同級4団体統一王者となるテオフィモ・ロペス(米国)と2019年7月に対戦。12ラウンドを戦い抜いて0-3の判定負けだったが、ロペスを苦戦させて評価を上げた。昨年12月には、WBOインターコンチネンタル同級王座決定戦でフェリックス・ベルデホ(プエルトリコ)に2度のダウンを奪われながらも大逆転。9回1分45秒KO勝ちで注目されていた。現在の世界ランクはWBO5位、WBA、WBCは9位、IBF10位と4団体でランク入りしている。

“精密機械”の異名をとるロマチェンコは、2008年北京五輪ではフェザー級で、12年ロンドン五輪ではライト級で金メダルを獲得。アマチュア戦績は391勝1敗という驚異的な成績を誇り、13年のプロ転向後はWBOフェザー級、同スーパーフェザー級で王座を獲得。その後、ライト級でもチャンピオンとなり、プロ12戦目で世界最速タイの3階級制覇を達成した。ライト級3団体王者だった昨年10月、ロペスとの4団体王座統一戦に臨んだが、判定負けで王座陥落。この試合が再起戦だった。

 ロマチェンコは、全17階級あるボクサーの実力を比較し、体重差がなかった場合の最強選手をランキング化したパウンド・フォー・パウンド(PFP)で1位に長く君臨していた。米専門誌「ザ・リング」の最新PFPでは9位。世界的スーパースター相手の番狂わせを狙った中谷だったが、及ばなかった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集