[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

顎打ち抜く鮮烈ダウン 24歳村田昴、聖地でKOデビューに米記者「彼らから目を離すな」

ボクシングの2018年全日本王者で昨年、B級プロテストに合格した村田昴(帝拳)が26日(日本時間27日)、米ラスベガスのヴァージンホテルズ・ラスベガスでプロデビュー。スーパーバンタム級4回戦でケヴェン・モンロイ(米国)に2回KO勝ちで鮮烈デビューを飾った。強烈な左で顎を打ち抜きダウンを奪う実際の映像を米興行大手「トップランク」が公開。米記者からも称賛が送られている。

モンロイと拳を交える村田昴(左)が2回KO勝ち【写真:Mikey Williams Top Rank via Getty Images】
モンロイと拳を交える村田昴(左)が2回KO勝ち【写真:Mikey Williams Top Rank via Getty Images】

2018年の全日本王者、満を持してのデビュー戦で鮮やかKO勝ち

 ボクシングの2018年全日本王者で昨年、B級プロテストに合格した村田昴(帝拳)が26日(日本時間27日)、米ラスベガスのヴァージンホテルズ・ラスベガスでプロデビュー。スーパーバンタム級4回戦でケヴェン・モンロイ(米国)に2回KO勝ちで鮮烈デビューを飾った。強烈な左で顎を打ち抜きダウンを奪う実際の映像を米興行大手「トップランク」が公開。米記者からも称賛が送られている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 24歳の有望株が聖地で鮮烈デビューだ。2ラウンド1分半過ぎ、左構えの村田はモンロイをロープ際に追い詰め圧力をかけると、一瞬ガードが下がったスキを見逃さなかった。強烈な左で顎を打ち抜いた。崩れ落ち、ロープに頭を打ち付けるモンロイ。何とか立ち上がったが足元がおぼつかない。ポーズを取ろうとするが、レフェリーが試合をストップした。

 鮮やかなKOシーンをトップランクは公式SNSで公開。「日本のジュニアフェザー級(スーパーバンタム級)が、プロデビュー戦で強烈な左で見事なKOを奪う」と添えて投稿すると、初めて見た米ファンからは「ムラタにはスピードがあるな!! グッジョブ。これからも勝ち続けて!!」「美しい」「ムラタの見事な戦いだったけど、レフェリーは止めるべきではなかった」などと反響が寄せられている。

 米国拠点のボクシング・ジャーナリスト、ショーン・ジッテル氏も「“キャッシュ・フロー”フロイド・ディアスと、スバル・ムラタが今夜、真のポテンシャルを見せつけた。彼ら2人から目を離すな」とし、この日の興行でデビュー2連勝を飾った18歳フロイド・ディアス(米国)と並べて高い評価を下していた。

 村田はアマ時代に2014年の南京ユースオリンピックで銅メダル。18年の全日本選手権バンタム級で優勝し、優秀選手賞を受賞。昨年B級プロテストに合格していた。

 なおメインイベントでは元3団体統一ライト級王者のワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)と元東洋太平洋同級王者の中谷正義(帝拳)が同級12回戦で激突する。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集