[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

元大学女王・田中佑美「走っただけの決勝」 悔い残した社会人初の100m障害大舞台

東京五輪代表の最終選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権第3日が26日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。女子100メートル障害決勝で、田中佑美(富士通)は13秒57で6着だった。レース後は「出場しただけ、走っただけの全く戦えない決勝になってしまいました」と振り返った。

女子100メートル障害決勝で6着に終わった田中佑美【写真:編集部】
女子100メートル障害決勝で6着に終わった田中佑美【写真:編集部】

19年日本インカレ優勝の田中、社会人として初の日本選手権を終える

 東京五輪代表の最終選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権第3日が26日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。女子100メートル障害決勝で、田中佑美(富士通)は13秒57で6着だった。レース後は「出場しただけ、走っただけの全く戦えない決勝になってしまいました」と振り返った。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 自己ベスト13秒18の田中は、関大一高時代にインターハイを連覇すると、立命大に進学。関西インカレ4連覇、日本インカレでは19年に優勝した。今春から名門・富士通に入社。今大会が社会人として初の日本選手権だった。

 予選は13秒44。「近年まれにみるバカスタートで、人一人分くらい遅れた」とスタートに失敗するも、組2着。準決勝も通過してこの日を迎えたが、13秒09で優勝した寺田明日香(ジャパンクリエイト)らに遅れを取った。

「出場しただけ、走っただけの全く戦えない決勝になってしまいました」とレースを悔やんだ田中。12秒台を出す選手もいる中で「周りのレベルが上がっているのは嫌というほど感じている」と語った。

 他選手の記録はプレッシャーにはならないというが「結果としてタイムや順位が悪くても、自分にとって納得いくレースが今季あまりなかった。自信を無くす一つの要因のようになって、こういうところで力を発揮できなかったのかなと思う」と振るわなかった原因を分析した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集