[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平のバントに「衝撃受けた」 意表突かれた相手左腕が脱帽「全く予想できない」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、敵地のレイズ戦に「1番・DH」で先発出場。初回の第1打席で飛距離453フィート(約138.1メートル)の24号本塁打を放つと、3回の第2打席では一塁前に絶妙なセーフティーバントを成功させた。実際の映像をMLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」が公開。決められた相手投手も「彼がバントをしてきたときは本当に衝撃を受けた」と完全に意表を突かれたことを明かしている。

レイズ戦に「1番・DH」で先発出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
レイズ戦に「1番・DH」で先発出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

バント安打決められたフレミング「彼は明らかに他とは異なるアスリートだ」

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、敵地のレイズ戦に「1番・DH」で先発出場。初回の第1打席で飛距離453フィート(約138.1メートル)の24号本塁打を放つと、3回の第2打席では一塁前に絶妙なセーフティーバントを成功させた。実際の映像をMLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」が公開。決められた相手投手も「彼がバントをしてきたときは本当に衝撃を受けた」と完全に意表を突かれたことを明かしている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 大谷は相手のわずかなスキをも見逃さない。看板を越える豪快な先頭打者弾の次の打席で、今度は絶妙なセーフティーバントを成功させた。1点を追う3回無死二塁。1ストライクからの2球目、左腕フレミングの内角ファストボールに対し、バットを横に倒した。一塁線へ絶妙なバント。一塁手が捕球するも、フレミングのベースカバーは間に合わない。背番号17は快足を飛ばし、悠々一塁を駆け抜けた。

 MLB公式サイトではこのシーンについて、「オオタニは(バントをしたときに)秒速29.7フィートで一塁に到達した。スタットキャストでは秒速30フィートをエリートレベルと考えているが、それをわずかに下回る速さだった」と一塁を駆け抜けた大谷のスピードを称えつつ、フレミングのコメントも紹介している。

「彼は他とは異なるアスリートだ。明らかにね」と大谷について評した左腕。さらに「彼がバントをしてきたときは本当に衝撃を受けた。全く予想できていなかったからね。彼にとっては良い試みだったと思う」と完全に意表を突かれたものだったと明かしている。一方で、「ただ次の打席は俺が三振を奪ったから俺が良かったね」と5回の第3打席でやり返したことにも胸を張っていた。

 パワーでもテクニックでも驚かせた大谷。この日は4打数2安打1打点だったが、エンゼルスは3-4で逆転負けを喫している。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集