[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平18号なるか 次戦は“逆輸入右腕”ケリーと対戦、高速シンカーなどが武器

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、ダイヤモンドバックス戦に投手として先発予定。DH制のない試合で打者としての活躍も期待される。相手の先発投手はメリル・ケリーの予定。今季は2勝6敗、防御率5.12の右腕。先月20日(日本時間21日)のドジャース戦では7回12奪三振の投球を披露している。どんな投手なのだろうか。

大谷翔平はメリル・ケリーから18号本塁打を放つことができるのか【写真:AP/Getty Images】
大谷翔平はメリル・ケリーから18号本塁打を放つことができるのか【写真:AP/Getty Images】

日本時間12日にダイヤモンドバックス戦に先発

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、ダイヤモンドバックス戦に投手として先発予定。DH制のない試合で打者としての活躍も期待される。相手の先発投手はメリル・ケリーの予定。今季は2勝6敗、防御率5.12の右腕。先月20日(日本時間21日)のドジャース戦では7回12奪三振の投球を披露している。どんな投手なのだろうか。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 ケリーは2019年にメジャーデビュー。15年から4年間は韓国プロ野球でプレーし、通算48勝を挙げたいわゆる“逆輸入”選手だ。先月20日のドジャース戦では、筒香から3つの三振を奪うなど12奪三振を記録している。

 MLB公式サイトによると、今季のフォーシームの平均球速は91マイル(約146キロ)とさほど速くはないが、球速がほぼ同じ高速シンカー、縦に大きく割れるチェンジアップのほか、カーブやカットボールも投じている。投球割合はフォーシームが約34パーセントと最も高く、シンカー、カーブ、チェンジアップが2割前後。バランスよく投じている。

 メジャーデビュー初年の19年は13勝14敗と負け越したものの、2ケタ勝利をマークしたケリー。昨季は5試合の登板で3勝2敗、防御率は2.59だった。今季は2勝6敗、防御率5.12と負けが先行。12試合の登板で10本の本塁打を許している。現在両リーグ最多まであと1本塁打と迫っている大谷。18号本塁打は飛び出すだろうか。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集