[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平が漫画風イラストで登場 LA紙の異例特集で称賛「現実世界でシゲノになった」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、アスレチックス戦の7回に代打で出場。同点の犠飛を放ち、その後は右翼の守備に就いた。チームの6-5の勝利に貢献したが、米地元紙は大谷を漫画風に描いたイラストを紙面に大きく掲載。日本の人気野球漫画の主人公になぞらえて「現実世界でゴロウ・シゲノになった」などと特集している。

エンゼルスの勝利に貢献した大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの勝利に貢献した大谷翔平【写真:AP】

人気野球漫画「MAJOR」になぞらえて特集

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、アスレチックス戦の7回に代打で出場。同点の犠飛を放ち、その後は右翼の守備に就いた。チームの6-5の勝利に貢献したが、米地元紙は大谷を漫画風に描いたイラストを紙面に大きく掲載。日本の人気野球漫画の主人公になぞらえて「現実世界でゴロウ・シゲノになった」などと特集している。

【注目】元日本代表DF田中マルクス闘莉王が漢を感じる熱いプレー 川崎22歳の芸術弾を選んだワケとは

 米紙「ロサンゼルス・タイムズ」の紙面にデカデカと登場したのは、大谷の漫画風イラストだった。打席でのスイング後のフォロースルーと、マウンドで投球する姿が忠実に描かれている。表情は漫画キャラの主人公のように勇ましい。その下には、漢字で「大谷」とも大きく挿入されている。

 同紙は公式ツイッターにも紙面を画像で公開。記事には「日本のマンガの二刀流主人公からインスピレーション。オオタニはグラウンド上で常に驚異の存在だ」「二つを極めたオオタニを理解するのは難しく、その神がかった感覚はルース以来だ」などと記載されている。

 大谷については、日本の人気野球漫画「MAJOR」の主人公・茂野吾郎になぞらえて「今、エンゼルスには二刀流プレーヤーがいる。26歳のオオタニは現実世界でゴロウ・シゲノになった」「オオタニはホームラン数14本で週末には(一時)メジャートップタイにもつけた。その多くが漫画に出てくるような1本だった」と称賛している。

 なお、同紙は茂野については「彼はショウヘイ・オオタニより前にショウヘイ・オオタニだった。彼はサウスポーで、そのファストボールは102マイル(約164キロ)。打ってはスコアボード直撃のホームランを放つ恐ろしい打者だ。その名前はゴロウ・シゲノ」と紹介している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集