[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「辛くて陸上を辞めたい時も…」 関西学生女王・壹岐あいこ、自己ベストで200mV

東京五輪まで約3か月となった中、陸上の静岡国際が3日、静岡・エコパスタジアムで行われた。女子200メートルでは壹岐あいこ(立命大3年)が23秒71(追い風0.2メートル)で優勝した。

静岡国際・女子200メートルで優勝した壹岐あいこ【写真:奥井隆史】
静岡国際・女子200メートルで優勝した壹岐あいこ【写真:奥井隆史】

静岡国際、関西インカレ女王の壹岐あいこが200mV

 東京五輪まで約3か月となった中、陸上の静岡国際が3日、静岡・エコパスタジアムで行われた。女子200メートルでは壹岐あいこ(立命大3年)が23秒71(追い風0.2メートル)で優勝した。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 第7レーンの壹岐は、コーナーを終えたところで先頭に並ぶと、直線で引き離してフィニッシュした。ゴール後は優勝者に贈られる花束を受け取り「100メートルの通過付近が凄く良かった。凄いスピードに乗っている感じがしました。スピードに乗って持ち味の後半に繋げられた。今日は前半から流れに乗って、持ち味の後半の走りを生かすことができたと思います」と笑顔を咲かせた。

 昨年は100メートルで自己ベスト11秒62をマーク。関西インカレで優勝し、日本インカレ2位に入った実績を持つ。この日はインターハイ決勝の自己ベスト23秒78を更新し「去年100メートルの自己ベストを更新できたので、大学の間で23秒78を更新できるかもしれないと思っていた。200メートルが悪い時は100メートルの通過が凄く悪い。100メートルでスピードがついたのは凄く自信になります」と説明。昨年と同様に1次加速と2次加速を意識して練習した努力が繋がった。

「大学1年生の時はギャップもあって辛くて陸上を辞めたい時もあった。みんな良い時期だけじゃない。苦しい時を乗り越えて自己ベストを出す先輩たちを見ていた。応援してくれる人もいたし、私も諦めずに頑張りたいなと。それをモチベーションに頑張っていました」

 4月29日の織田記念国際と今大会は世界リレー(ポーランド)に出場中の実力者がいなかった。女子400メートルリレーは東京五輪出場が確実に。壹岐は「刺激を受けるし、私も将来日本代表に選ばれるように頑張りたい」と成長を誓った。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集