[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

飯塚翔太、20秒52で200mV 五輪参加標準突破に自信「内容もよくて良い弾みになった」

東京五輪まで約3か月となった中、陸上の静岡国際が3日、静岡・エコパスタジアムで行われた。男子200メートルでは29歳の飯塚翔太(ミズノ)が20秒52(向かい風0.5メートル)で優勝。20秒24の五輪参加標準記録の突破はお預けとなった。100メートル9秒98の記録を持つ小池祐貴(住友電工)は0秒21差の20秒73で2位。

静岡国際・男子200メートルで優勝した飯塚翔太【写真:奥井隆史】
静岡国際・男子200メートルで優勝した飯塚翔太【写真:奥井隆史】

静岡国際、飯塚翔太が3大会連続五輪へ弾みのV

 東京五輪まで約3か月となった中、陸上の静岡国際が3日、静岡・エコパスタジアムで行われた。男子200メートルでは29歳の飯塚翔太(ミズノ)が20秒52(向かい風0.5メートル)で優勝。20秒24の五輪参加標準記録の突破はお預けとなった。100メートル9秒98の記録を持つ小池祐貴(住友電工)は0秒21差の20秒73で2位。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 飯塚は徐々に加速すると、隣のレーンを走る小池と並走。最後の直線に入ったところで体一つ抜け出すと、そのまま突き放して逃げ切った。予選は20秒67(追い風0.3メートル)。好条件とは言えない中でまずまずのレースを終え、会見ではこう振り返った。

「今日は地元の大会で優勝できて嬉しいです。予選の課題を決勝で克服して優勝できたと思います。今日はスタートからしっかりピッチを上げられた。予選はスピードが上がらずに60メートルに入った。コーナリングがしっかりできたのがよかったですね。状態は(参加標準記録を)切れる内容だった。いつでもこの走りをして、いつでも切れる準備をしたい。風もいろんな方向から吹いている状態。惑わされずにコーナーを走るのが難しかった」

 昨年10月の日本選手権で優勝。今年4月の中部選手権は100メートルで10秒18(追い風2.2メートル)、200メートルで20秒52(追い風1.3メートル)だった。今大会前は、山梨・富士北麓の標高約1000メートルで約1週間合宿。地元の今大会に向けて仕上げてきた。

「(調整方法に)手応えを感じている。この1週間は半分にも満たない量の練習。もう少し走って臨まないと1本目に走れないと感じたので、そこは改善したい。2016年もこの大会で優勝してシーズンが始まった。同じ状況で次に行ける。内容もよかったので良い弾みになりました」

 16年リオ五輪400メートルでは第2走で銀メダル獲得に貢献した。9日の五輪テストイベント「READY STEADY TOKYO(国立競技場)」にエントリー。3大会連続の五輪切符がかかる6月の日本選手権(大阪)に向けて「60メートルまでの加速も上げられたら。100メートルにも出て上げていきたい」と意気込んだ。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集