[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

打者も怒り心頭 覆った“幻同点3ラン”に米賛否「100%ホームラン」「正しい判定」

2日(日本時間3日)の米大リーグ、フィリーズ―メッツ戦で本塁打の判定を巡って物議を呼んでいる。フィリーズが3点を追う9回に起死回生の同点3ランが出たかと思われたが、リプレー検証によって覆り二塁打に。実際の映像を米スポーツ専門局「ESPN」が公開すると、米ファンからは賛否の声が上がっている。

フィリーズのホスキンス【写真:Getty Images】
フィリーズのホスキンス【写真:Getty Images】

フェンス最上部の手すりに打球直撃、一度はホームラン判定も…

 2日(日本時間3日)の米大リーグ、フィリーズ―メッツ戦で本塁打の判定を巡って物議を呼んでいる。フィリーズが3点を追う9回に起死回生の同点3ランが出たかと思われたが、リプレー検証によって覆り二塁打に。実際の映像を米スポーツ専門局「ESPN」が公開すると、米ファンからは賛否の声が上がっている。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 土壇場の9回、1死一、三塁。ホスキンスが放った大きな打球が右翼席へ向かう。フェンスの最上段の手すり部分に当たり、跳ね返ってフィールドに戻ってきた。ホームランを確信するホスキンス。右手を高々と掲げ、ダイヤモンドを回る。一度二塁ベース上で止まったが、再び走り出しホームイン。テレビ放送のスコアも「8-8」に。劇的な同点本塁打……と思われた。しかしだ。

 審判団がリプレー検証。ボールが当たっている手すりの部分では、フェンスを越えていないと判定。本塁打から一転、グラウンドルールによって二塁打に覆ったのだ。生還していたホスキンスは怒りを露わにしたが同点は幻に。2者が生還し1点差にはなったが、後続が倒れてフィリーズは敗れた。

 ESPNは公式ツイッターで「アンパイアは最初、リース・ホスキンスのこれを同点となるはずだった本塁打とした。判定は覆り、グラウンド・ルールによる二塁打となった」と添えて動画付きで投稿。すると米ファンからは賛否の声が上がっている。

「HRだ」
「100%ホームラン」
「覆すには微妙すぎる」
「覆すに足る理由は??」
「この証拠でどうやって判定が覆されるんだ」
「ホームランじゃない」
「正しい判定」
「これは二塁打」
「グラウンド・ルールによればこれはHRじゃない」
「正しい判定なのになんでリース(ホスキンス)はそんなに怒ってるんだ」

 賛否が分かれたこの判定。AP通信によると「リプレー検証でボールがフェンスの手すりに当たっており、壁を越えていなかったことが示された。ホスキンスは二塁に移され、2点適時二塁打となった」と伝えている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集