[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 羽生結弦、米記者が見た王者の肖像「彼は地球上で存在した史上最高のスケーター」

羽生結弦、米記者が見た王者の肖像「彼は地球上で存在した史上最高のスケーター」

フィギュアスケートの羽生結弦(ANA)は平昌五輪で66年ぶりの大会連覇を目指し、米地元紙「ニューヨーク・タイムズ」が異例の特集を展開するなど、注目度は増している。そんな中、カリスマ性あふれる華麗な舞いが、海外メディアから「地球上で存在した史上最高のスケーターの1人」と称賛されている。米公共ラジオ「ナショナル・パブリック・ラジオ」電子版が報じている。

羽生結弦【写真:Getty Images】
羽生結弦【写真:Getty Images】

米紙記者が昨季演じたロックナンバーを引き合いに称賛「とてつもないロックスターの威風」

 フィギュアスケートの羽生結弦(ANA)は平昌五輪で66年ぶりの大会連覇を目指し、米地元紙「ニューヨーク・タイムズ」が異例の特集を展開するなど、注目度は増している。そんな中、カリスマ性あふれる華麗な舞いが、海外メディアから「地球上で存在した史上最高のスケーターの1人」と称賛されている。米公共ラジオ「ナショナル・パブリック・ラジオ」電子版が報じている。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 記事では、USAトゥデー紙のマギー・ヘンドリックス記者が登場。ソチ五輪の翌シーズンからボーカル入りの音源の使用が認められ、今回の平昌五輪も同様となることに触れたが、その中で羽生が昨季演じた人気プログラム、プリンスの「レッツゴークレイジー」もトピックに上った。

「彼は地球上で存在した史上最高のスケーターの1人。彼はとてつもないロックスターの威風を漂わせている。日本で、彼はロックスター。彼のスピンの流儀、プリンスの曲が氷上に流れ始めて、ユヅル・ハニュウがそれに合わせて滑るのを目の当たりにした時には……途中で自分の頭の後ろに足を上げるシーンがあるんだけど、まるでギターを弾いているかのようだ」

 ヘンドリックス記者は羽生をこのように称賛。カリスマアーティスト、プリンスのイメージカラー「紫」の衣装に身を包み、氷上でエナジーを発散させる王者のオーラはロックスターのようなだと粋な表現で伝えている。

 ロックの本場アメリカもロックスターに例えて認めるカリスマ性を持つ羽生。今季、SPはショパンの「バラード第1番」、フリーは映画「陰陽師」の「SEIMEI」と打って変わり、かつて演じた名ナンバーで挑んでいる。幅広い曲調を演じられるのが王者の強さでもある。「地球上最高」とも称された王者が平昌のリンクで輝くことを、海外メディアも待望している。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー