[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

トヨタ自動車が初Vへ8強 世界的名手リード&フーパー同時出場、49-29で日野撃破

ラグビー・トップリーグ(TL)のプレーオフトーナメントは25日、4会場で2回戦が行われ、東京・秩父宮ラグビー場ではレッドカンファレンス2位のトヨタ自動車が、49-29でホワイトカンファレンス7位の日野に勝利。世界的プレーヤーを擁する強豪が8強入りを決めた。

8強入りを決めたトヨタ自動車【写真:中戸川知世】
8強入りを決めたトヨタ自動車【写真:中戸川知世】

トップリーグ・プレーオフトーナメント2回戦

 ラグビー・トップリーグ(TL)のプレーオフトーナメントは25日、4会場で2回戦が行われ、東京・秩父宮ラグビー場ではレッドカンファレンス2位のトヨタ自動車が、49-29でホワイトカンファレンス7位の日野に勝利。世界的プレーヤーを擁する強豪が8強入りを決めた。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 初優勝を目指すトヨタ自動車はニュージーランド代表として2011、15年のワールドカップ(W杯)連覇に貢献し、19年W杯日本大会では主将を務めたNO8キアラン・リードがスタメン。オーストラリア代表キャップ105を誇るFLマイケル・フーパーはリザーブからのスタートとなった。日野は12日に発表された日本代表候補52人に、チームで唯一選出されたLOリアキ・モリが先発した。

 先制したのは、一瞬の隙をついた日野だった。前半4分、CTBチャンス・ペニーが相手のパスをハーフウェイライン付近でインターセプト。追いすがる相手守備陣を振り払い、約45メートルの独走トライを決めた。

 トヨタ自動車は、相手陣内に入りながらもノックオンを犯すなど、攻めきれない展開が続く。それでも前半15分、フィールド右から左へ大きく展開し、最後はWTBヘンリー・ジェイミーがトライ。5分後には、SOライオネル・クロニエがゴールライン手前にキックで浮かせたパスをWTB高橋汰地がジャンピングキャッチ。そのまま持ち込み、コンバージョンキックも決まって14-7と逆転した。

 CTBマレ・サウのトライもあり、前半を21-10で折り返したトヨタ自動車。後半7分には満を持してフーパーが途中出場。直後にFLフェツアニラウタイミがトライを決め、リードを広げた。劣勢だった日野は、後半19分にペニーがこの日2つ目のトライ。23分にはFB川井太貴がトライを決めるなど、4点差に迫った。

 追い上げられたトヨタ自動車だったが、27分に途中出場のCTBロブ・トンプソンがトライ。リードを譲らず勝ちきった。トヨタ自動車は5月8日の準々決勝(熊本・えがおS)でNTTドコモと対戦する。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集