[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

100号王手の大谷翔平が「本塁打を奪われた」 元巨人外野手に米記者「ナイスキャッチ」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)、本拠地でのレンジャーズ戦に「2番・DH」で出場。レンジャーズ先発の有原航平投手との日本人対決となった。第2打席では中堅へ大飛球を放つも、日本球界のジャイアンツに所属していたアドリス・ガルシア外野手がフェンス手前でスーパーキャッチした。実際の映像をレンジャーズが公開。米記者からは「オオタニは本塁打を奪われた」などと注目されている。

第2打席で中堅へ大飛球を放つエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
第2打席で中堅へ大飛球を放つエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

有原から大飛球を放つも、中堅手ガルシアがジャンピングキャッチ

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)、本拠地でのレンジャーズ戦に「2番・DH」で出場。レンジャーズ先発の有原航平投手との日本人対決となった。第2打席では中堅へ大飛球を放つも、日本球界のジャイアンツに所属していたアドリス・ガルシア外野手がフェンス手前でスーパーキャッチした。実際の映像をレンジャーズが公開。米記者からは「オオタニは本塁打を奪われた」などと注目されている。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 日米通算100本塁打達成かと思われた。4回1死走者なし、大谷の第2打席だ。有原が外角に投じた82マイル(約132キロ)の球を捉えた。打球は快音を残してセンターへ。高々と上がったが、中堅手ガルシアが後退してジャンプ。フェンスに背をぶつけながらも、本塁打性の打球をキャッチした。有原はグラブを叩いて好プレーを称賛している。

 実際の映像を、レンジャーズ公式ツイッターが公開。MLB公式サイトのエンゼルス番のレット・ボリンジャー記者もこの打球に対し「ショウヘイ・オオタニが元チームメイトのアリハラからウォーニングトラックまで飛ばす深い打球を放ったが、センターのガルシアによる好守があった」と自身のツイッターで伝えていた。

 また、米ロサンゼルスのラジオ局「KLAA」の番組「エンゼルス・リキャップ・ポッドキャスト」でホストを務めるトレント・ラッシュ氏は「オオタニは、先ほど本塁打を放ったガルシアに本塁打を奪われた。素晴らしいプレーだ」と、3回に先制の2号ソロを放ったガルシアを称賛。米テキサス州の地元紙「フォート・ワース・スター・テレグラム」のジェフ・ウィルソン記者は、ホームランキャッチだったかどうかは分からなかったとしながらも「だとしてもナイスキャッチだった」とツイートしていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集