[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、“幻の統一戦”アンカハスが“惜別”の賛辞「彼がNO1」「夢の対戦相手」

ボクシングのWBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋)は統一戦が叶わず、V7を達成した昨年12月30日のヨアン・ボワイヨ(フランス)戦を最後にバンタム級転向の意向を明言。そんな王者に対し、期待を集めながら統一戦が幻に終わったIBF世界スーパーフライ級王者の“プリティボーイ”こと、ジェルウィン・アンカハス(フィリピン)は「イノウエがNO1」「夢の対戦相手」と“惜別”の賛辞を送っている。

井上尚弥、ジェルウィン・アンカハス【写真:Getty Images】
井上尚弥、ジェルウィン・アンカハス【写真:Getty Images】

統一戦を希望していた“プリティボーイ”が改めて称賛「彼が最高のボクサー」

 ボクシングのWBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋)は統一戦が叶わず、V7を達成した昨年12月30日のヨアン・ボワイヨ(フランス)戦を最後にバンタム級転向の意向を明言。そんな王者に対し、期待を集めながら統一戦が幻に終わったIBF世界スーパーフライ級王者の“プリティボーイ”こと、ジェルウィン・アンカハス(フィリピン)は「イノウエがNO1」「夢の対戦相手」と“惜別”の賛辞を送っている。

【特集】身近になったフィギュアスケート 元トップ選手が伝えたい競技の魅力 / フィギュアスケート・中野友加里さんインタビュー(GROWINGへ)

「マニー・パッキャオ二世? 違う。彼はジェルウィン・アンカハス一世だ」と特集したのは、フィリピンメディア「Rappler」だった。

 アンカハスは2016年9月に王座獲得し、現在、3度連続でのKO防衛に成功している強打のサウスポー。史上2人目となる6階級制覇のフィリピンの英雄、マニー・パッキャオの運営するMPプロモーションズに所属し、「パッキャオの後継者」として母国では期待を集めている。

「すごく大変だよ。人々はサー・マニーの後継者になると話題にするたび、すごくプレッシャーを感じている。サー・マニーの足跡に続くためには何年もかかることは誰もがわかっているよ」

 記事によると、アンカハスはこう語っている。陣営はこれまでも常々、井上との対戦を公に要望し、井上側も歓迎の姿勢を見せていたが、実現には至らなかった。それでも、アンカハス自身は井上を評価し続けている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
高木美帆が選んだのは、ワコールのスポーツブラでした
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集