[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

松山英樹、“脱・完璧主義”が生んだ快挙 イライラをキャディーにぶつけハッと気づいた

男子ゴルフの海外メジャー・マスターズで日本男子悲願の海外メジャー初優勝を果たした松山英樹(LEXUS)が14日、オンラインでの凱旋会見を行った。今季1度もトップ10入りしていなかった男はなぜグリーンジャケットを着ることができたのか。本人はメンタル面での安定だと分析している。

松山英樹【写真:AP】
松山英樹【写真:AP】

オンラインで凱旋会見、本人が語る勝因とは?

 男子ゴルフの海外メジャー・マスターズで日本男子悲願の海外メジャー初優勝を果たした松山英樹(LEXUS)が14日、オンラインでの凱旋会見を行った。今季1度もトップ10入りしていなかった男はなぜグリーンジャケットを着ることができたのか。本人はメンタル面での安定だと分析している。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 イライラを募らせることなく、松山は表情豊かに4日間を戦い抜いた。初日は4打差の2位。2日目は順位こそ落としたが首位との差は縮め、3日目には2位に4打差をつけて首位に立った。そして迎えた最終日。ハーフターンで5打差をつけたが、バックナインでは後続の猛追もありみるみるリードを失った。終わってみれば1打差。痺れるようなメンタルの浮き沈みがあったはずだが、決して表には出さなかった。

「今年に入ってから良くなる気配がありながらも、なかなか結果に結びつけることが出来なくてもどかしい日々を過ごしていた。ですが、マスターズの週の水曜日に今週はいけるかもしれないと。それが何なのかは僕自身わかっていないのですが、そういう気持ちになったことが大きかった」

 最終日は1番から18番まで「緊張しっぱなしだった」と明かす。松山と言えば完璧主義者で知られる。結果オーライを許さない。無表情でのスーパーショットや、苦笑いしながらのベタピンといったシーンはこれまでも度々話題を呼んでいた。

 練習量は他の追随を許さない努力家。自身に課すハードルはどこまでも高い。だが、そんな男が今大会は変わった。自らのミスに寛容になった。笑顔のワケを問われた松山はこう話している。

「心がけてやっていたのもあるとは思いますが、状態は上がっていたというところでミスを許せるという気持ちになった。自分でもよくわかっていないが、自然とそうなったと思っています」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集