[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 井上尚弥、“11秒KO男”テテ陣営が対戦希望「メガファイトを起こせない理由はない」

井上尚弥、“11秒KO男”テテ陣営が対戦希望「メガファイトを起こせない理由はない」

ボクシングのWBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋)はV7を達成し、今年はバンタム級に転向する意向を表明している。新たな舞台に上がる2018年は、どんな一年となるか。マッチメークに大注目が集まる中、あの“11秒KO男”の陣営が対戦を歓迎している。

井上尚弥とゾラニ・テテ【写真:Getty Images】
井上尚弥とゾラニ・テテ【写真:Getty Images】

プロモーターが歓迎、井上側が希望すれば“即快諾”「冗談抜きで瞬く間に試合作る」

 ボクシングのWBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋)はV7を達成し、今年はバンタム級に転向する意向を表明している。新たな舞台に上がる2018年は、どんな一年となるか。マッチメークに大注目が集まる中、あの“11秒KO男”の陣営が対戦を歓迎している。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

「ウォーレンがゾラニ・テテVS井上尚弥を希望」と報じたのは、米ボクシング専門メディア「ボクシングニュース」だ。

 記事では、バンタム級に転向すれば、WBO世界王者ゾラニ・テテ(南アフリカ)に挑戦する権利を持ち、テテのプロモーターであるフランク・ウォーレン氏は、井上側が望めば「テテVS井上」に賛成していると紹介。「冗談抜きでテテと井上の一戦を“瞬く間に”作る、とウォーレンは言う」と伝えている。

 テテといえば、昨年11月のシボニソ・ゴニャ(南アフリカ)戦でタイトル戦史上最短となる11秒でKO勝ちを果たし、世界に衝撃を与えていた。そんなバンタム級の怪物と拳をまみえることになるのか。運命の行方は「テテと戦いたいか否かを決める井上側のマネジメントにかかっている状況だ」と分析している。

 さらに、記事ではウォーレン氏が自身のサイト上のコラムで語ったコメントを紹介。井上側からオファーがあれば“即快諾”の意思を明かしている。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー