[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 新星テネル、圧巻の自己新73点で首位! 長洲2位&チェン3位…全米選手権女子SP結果

新星テネル、圧巻の自己新73点で首位! 長洲2位&チェン3位…全米選手権女子SP結果

フィギュアスケートの全米選手権は3日(日本時間4日)に開幕し、女子ショートプログラム(SP)で19歳の新星、ブレイディ・テネルが自己ベストを大幅に更新する73.79点をマークし、首位に立った。

ブレイディ・テネル【写真:Getty Images】
ブレイディ・テネル【写真:Getty Images】

19歳の新星が自己ベスト6点更新…GP米国大会は宮原、坂本に続く3位

 フィギュアスケートの全米選手権は3日(日本時間4日)に開幕し、女子ショートプログラム(SP)で19歳の新星、ブレイディ・テネルが自己ベストを大幅に更新する73.79点をマークし、首位に立った。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 テネルは19歳。今季はグランプリ(GP)シリーズのスケートアメリカで日本の宮原知子、坂本花織に続き、3位に食い込み、ブレイクの兆しを見せていた。この日は当時出した自己ベスト67.01点を一気に6.78点更新する高得点をマークした。

 2位は73.09点の08年覇者・長洲未来、3位は69.48点の前回覇者、カレン・チェンが入った。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー