[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

英競馬で珍事 1頭立ての笑撃レースに現地困惑「最も奇妙な体験」「ジョークかな?」

英国の競馬で単走のレースが行われ、話題を呼んでいる。ライバルが誰もいない状態で“独走”。本来は約4000メートルで行われる予定だったが、単走のためわずか200メートルに短縮されたという。異例のレースの映像を英メディアが公開。現地のファンからは「最も奇妙な体験」「ジョークかな」などと困惑する声が上がっている。

英国の競馬で単走のレースが行われ、話題を呼んでいる(画像はイメージです)
英国の競馬で単走のレースが行われ、話題を呼んでいる(画像はイメージです)

ライバル不在の中で1着賞金200万円獲得

 英国の競馬で単走のレースが行われ、話題を呼んでいる。ライバルが誰もいない状態で“独走”。本来は約4000メートルで行われる予定だったが、単走のためわずか200メートルに短縮されたという。異例のレースの映像を英メディアが公開。現地のファンからは「最も奇妙な体験」「ジョークかな」などと困惑する声が上がっている。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 まるで調教だ。キャンターのようなスピードで駆け抜けていく1頭の馬。ライバルは誰もいない。最後まで騎手に追われることなく、楽な手応えのままでゴール板を駆け抜けた。これが実際のレースというのだから驚きだ。

 たった1頭でのレースが行われたのは3月20日のケンプトンパーク競馬場。英衛星放送「スカイスポーツ」によると、別のレースで除外になった馬のための救済レースとして行われたが、頭数が揃わず出馬したのはフランスの10歳馬マクラジャだけだったという。

 さらに記事では「マラクジャはただ走っていき、ウイニングポストを通過するだけで1着となった」と記し、1着賞金が1万5000ユーロ(約195万円)だったこと、距離が約4000メートルから1ハロン(約200メートル)に短縮されたことなどを伝えている。

 実際のレースの映像を英競馬番組「レーシングTV」の公式ツイッターが公開しているが、これに現地ファンからは「最も奇妙な体験」「ジョークかな」「イージーだね」「ベストレースだ」「ちょっと寂しい光景」「驚きだ」などと反響のコメントが集まっている。

 米国では過去に歴史的名馬スペクタキュラービッドが出走したレースで、相手が集まらず1頭でレースが行われたケースなどもある。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集