[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“二刀流”大谷翔平、投手としての復活に指揮官安堵「一段階上のギアが間違いなくある」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は21日(日本時間22日)、アリゾナ州ピオリアで行われたパドレスとのオープン戦で「1番・投手」で先発出場し、打撃ではマルチ安打を記録。投げては渡米後最速の101.9マイル(約164キロ)を計測するなど4回2安打1失点5奪三振と好投した。二刀流を体現する活躍に、ジョー・マドン監督も「傑出したもの」「完全な試合をした」と絶賛している。

「1番・投手」で先発出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
「1番・投手」で先発出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

投打に圧巻の活躍、マドン監督は賛辞連発

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は21日(日本時間22日)、アリゾナ州ピオリアで行われたパドレスとのオープン戦で「1番・投手」で先発出場し、打撃ではマルチ安打を記録。投げては渡米後最速の101.9マイル(約164キロ)を計測するなど4回2安打1失点5奪三振と好投した。二刀流を体現する活躍に、ジョー・マドン監督も「傑出したもの」「完全な試合をした」と絶賛している。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 こんなことができるのは大谷しかいない。初回先頭での打席ではサイ・ヤング賞左腕ブレイク・スネルから中前打を放ち、その裏からマウンドに上がっては最速164キロの豪速球を披露し好投。“リアル二刀流”を見事にやってのけた。

 文字通り一人二役の活躍に指揮官も最敬礼するしかない。地元紙「オレンジ・カウンティ・レジスター」によると、マドン監督は「まさに傑出したものだった」と絶賛。さらに「彼は(投手と打者を務める)完全な試合をした。打者として素晴らしかったし、マウンドでも非常に良かった」と最大限の賛辞を送った。

 今季のオープン戦、打撃では好調だったが、投手としては完璧だったわけではない。前回登板では2回1/3を投げて6安打5失点だった。それだけにこの日の「投手・大谷」の姿に指揮官は安堵しているようだ。

「この瞬間のために動いてきた。投球面で彼が快適だと感じていた状態に持っていくためにね」と胸中を明かし、「もちろん彼は打者としても良い感覚でいる」と付け加えている。

 投球面についてはさらに、「相手が脅かしてきたとき、彼は間違いなくギアを上げた」と表現。付け加えるように「別次元の投球を持っている。(相手に脅かされるような)状況に陥らないよう、彼が継続してどのように、その(別次元の)レベルに自分自身を持っていけるかの問題。波に乗った時、彼には一段階上のギアが間違いなくある」と太鼓判。マウンドでさらにギアを上げる大谷の姿を喜んでいる。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集