[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

小祝さくらに2打差2位 逆転V届かなかった賞金女王・鈴木愛「100点には遠いプレー」

女子ゴルフの国内ツアー・Tポイント×ENEOSの第2ラウンド(R)の残りと最終Rが21日、鹿児島・高牧CC(6424ヤード、パー72)で行われ、5打差の11位で最終Rを迎えた鈴木愛(セールスフォース)が5バーディー、3ボギーの70で回り、通算8アンダーで2位に食い込んだ。2019年11月以来1年4か月ぶりのツアー通算17勝目には届かなかった。小祝さくら(ニトリ)が逆転で今季3勝目を挙げた。

通算8アンダーで2位に食い込んだ鈴木愛【写真:Getty Images】
通算8アンダーで2位に食い込んだ鈴木愛【写真:Getty Images】

Tポイント×ENEOS最終日

 女子ゴルフの国内ツアー・Tポイント×ENEOSの第2ラウンド(R)の残りと最終Rが21日、鹿児島・高牧CC(6424ヤード、パー72)で行われ、5打差の11位で最終Rを迎えた鈴木愛(セールスフォース)が5バーディー、3ボギーの70で回り、通算8アンダーで2位に食い込んだ。2019年11月以来1年4か月ぶりのツアー通算17勝目には届かなかった。小祝さくら(ニトリ)が逆転で今季3勝目を挙げた。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 強風の中、賞金女王の鈴木が優勝争いを演じた。2番で5メートルを入れてバーディー。4番は残り130ヤードから3メートルにつけて伸ばした。12番までに2つスコアを落としたものの、15番パー4でグリーン横のバンカーから残り17ヤードのアプローチを50センチに寄せてバーディー。16番も残り101ヤードからピン手前3メートルにつけて連続バーディーとした。

 強風の中でアンダーパー。ラウンド後の会見では、こう振り返った。

「朝から練習場では悪かった。コースに入ってからはわりと安定していたけど、7、9、12番のボギーが痛かった。9、12番はパーを獲れる内容。もうちょっとボギーを減らせたと思うし、後半のロングホールの13番で獲れなかったのは痛かった。周りが伸びていなかったので、その中ではいいプレー。でも、100点には遠いプレーです」

 ラウンド前、優勝スコアは最低でも11アンダーと想定。後半15番のティーグラウンドでスコアボードを見ると、トップが9アンダーだった。「ここまで混戦になるとは思っていなかった。今日は15番のティーが前に出ていたので、刻んでもしょうがないし、ドライバーでいってバーディーを獲れた。最後は攻められたのでよかった」と振り返った。

 今大会主催企業の一つのENEOSホールディングスの名誉顧問・渡文明氏が昨年12月に84歳で亡くなった。鈴木は17年ニトリレディスのプロアマ戦で一緒にラウンドするなど、親交が深く「そこから大事にしていただいて、凄くお世話になりました。結果で恩返ししたい」と第2日終了後に意気込んでいた。逆転はできなかったが「久々の優勝争いができてよかった」と好感触。次週はアクサレディス(宮崎・UMKCC)が行われる。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集