[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

31歳金田久美子、“ぎっくり腰疑惑”も3打差4位発進 「逆にショットがよくなった」

女子ゴルフの国内ツアー・Tポイント×ENEOSが19日、鹿児島・高牧CC(6424ヤード、パー72)で開幕した。金田久美子は1イーグル、3バーディー、ボギーなしの67で回り、5アンダーで首位と3打差の4位発進。2週前の初戦で“ぎっくり腰疑惑”となったが、怪我の功名でショットの好調に繋がったことを明かした。高橋彩華(東芝)が8アンダーで単独首位。

首位と3打差の4位発進となった金田久美子【写真:Getty Images】
首位と3打差の4位発進となった金田久美子【写真:Getty Images】

Tポイント×ENEOSが開幕、金田久美子が初戦に腰痛も奮闘「今は無理をするところ」

 女子ゴルフの国内ツアー・Tポイント×ENEOSが19日、鹿児島・高牧CC(6424ヤード、パー72)で開幕した。金田久美子は1イーグル、3バーディー、ボギーなしの67で回り、5アンダーで首位と3打差の4位発進。2週前の初戦で“ぎっくり腰疑惑”となったが、怪我の功名でショットの好調に繋がったことを明かした。高橋彩華(東芝)が8アンダーで単独首位。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 金田は出だしの10番でバーディーとすると、13番パー5でイーグル。残り53ヤードの第3打は58度ウェッジで放ち「ど真ん中から入りました」とスコアを伸ばした。17、9番もバーディーで5アンダー。「反省するところはないですね。ボギーを打ちそうなところが3つくらいあったけど、パットが入って最後まで集中を切らさずにできた」と笑顔を見せた。

 2011年に初優勝。2019年は賞金ランク83位でシード権獲得から遠ざかっている。今季は最終予選会113位で出場できる試合は非常に限られた状態。そんな中、予選落ちした初戦のダイキンオーキッドレディスでは、第2日朝にアクシデントに見舞われた。

「ぎっくり腰っぽいものになった。ここ1、2年くらい腰痛があって。2日目の朝にストレッチをしていたら、ぎっくり腰みたいな感じになりました。歩くのも、しゃがむのも痛い。棄権も考えたけど、推薦をいただいていたし、次の週は試合がなかったので無理をするところかなと。朝痛み止めを飲んで、腹筋に力を入れてハーフショットのような感じでやっていました」

 痛みをカバーしようと腹筋に力を入れてスイングすると、意外にも感覚がよく「逆にショットがよくなった」と怪我の功名だった。鍼治療も取り入れ「今もまだ痛みはある」としながらも、「今週もいいイメージでやれている。ショットがいいと、こんなにゴルフが楽になるんだと思いました」と笑顔を見せた。

 優勝すれば1年間の出場権を得られるが、3位以内でも次週に出られる。31歳となった“元祖ギャルファー”は「変な力みをなくして、今日みたいな感じで欲を持たずにプレーしたい」と前を向いた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集