[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

上田桃子が吸収した12歳下・渋野日向子の武器 「彼女のゴルフに凄く魅力を感じた」

女子ゴルフの国内ツアー・Tポイント×ENEOSが19日から3日間、鹿児島・高牧CCで行われる。国内ツアー通算14勝の上田桃子(フリー)は練習ラウンドで調整。前回2019年大会女王として臨む。

練習ラウンドで調整した上田桃子【写真:Getty Images】
練習ラウンドで調整した上田桃子【写真:Getty Images】

19日開幕Tポイント×ENEOS

 女子ゴルフの国内ツアー・Tポイント×ENEOSが19日から3日間、鹿児島・高牧CCで行われる。国内ツアー通算14勝の上田桃子(フリー)は練習ラウンドで調整。前回2019年大会女王として臨む。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 34歳のベテランがしっかり調整してきた。昨年はコロナ禍で中止となった大会。優勝した2年前とコースは変わったが「大会がなかった分の想いを込めて迎えました」と力を込めた。

 昨年12月の海外メジャー・全米女子オープンは予選落ち。優勝争いを展開し、4位に入った渋野日向子(サントリー)の戦いを見守った。12歳下の若い選手のプレーで感じたことがあるという。

「日向子ちゃんのゴルフを見ていたら凄くアグレッシブでしたし、『ここで左の池を気にせずにピンを狙ってくるんだ』とか、ドッグレッグのティーショットで『右のラフに入ると打てないのにな』というホールでも、右のギリギリに狙ってきていた。安牌という感じが一切なかった。やっぱり彼女のゴルフに凄く魅力を感じていた」

 自身はどちらかといえば、リスクを避けながら戦略を立てるタイプという。必ずしも攻めが正しいわけではないが、渋野を見たことで「そういうゴルフができるようにと考えて、オフにスイングづくりに取り組んだ。自分もアグレッシブに行きたいなと感じましたね」と明かした。

 今年は2週前の初戦で4位、前週は23位。初戦は小祝さくら(ニトリ)が優勝し、前週は永井花奈(デンソー)がプレーオフの末に2位となった。同じ辻村明志コーチに指導を受けるメンバーの活躍に「凄く刺激になりました」と吐露。19年6月以来の優勝へ「若い選手の決断して迷わないところは凄く勉強になる。自分も行く時は行くというゴルフをしたいと思います」と意気込んだ。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集