[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

松田瑞生に日本記録更新の期待 瀬古氏「風がなければ」所属先監督「不可能じゃない」

名古屋ウィメンズマラソンが14日、バンテリンドームナゴヤ発着の42.195キロで行われ、日本歴代7位の記録を持つ松田瑞生(ダイハツ)が自己ベストにあと4秒に迫る2時間21分51秒で初優勝した。3枠の東京五輪代表はすでに他の選手が内定済み。五輪は補欠となっている25歳が悪条件で意地を見せる快走を見せ、近い将来の日本記録更新の期待が高まった。

名古屋ウィメンズマラソンで優勝した松田瑞生【写真:森田直樹/アフロスポーツ】
名古屋ウィメンズマラソンで優勝した松田瑞生【写真:森田直樹/アフロスポーツ】

名古屋ウィメンズマラソン、松田瑞生が意地の優勝

 名古屋ウィメンズマラソンが14日、バンテリンドームナゴヤ発着の42.195キロで行われ、日本歴代7位の記録を持つ松田瑞生(ダイハツ)が自己ベストにあと4秒に迫る2時間21分51秒で初優勝した。3枠の東京五輪代表はすでに他の選手が内定済み。五輪は補欠となっている25歳が悪条件で意地を見せる快走を見せ、近い将来の日本記録更新の期待が高まった。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 松田が成長を見せつけた。序盤からハイペース。15キロ地点は49分52秒で通過し、フィニッシュ予想は2時間20分17秒だった。中間点は昨年大会記録を出した東京五輪代表・一山麻緒(ワコール)を上回る1時間10分23秒。22キロ付近から佐藤を突き放し、独り旅となった後半は強風に苦しめられながらも好記録で優勝した。

 しかし、自己ベストは更新できず、レース後は悔し涙。「記録にこだわるのはよくないかもしれないけど、どんな条件でも過去の自分を超えたかったという想いがあった。向かい風でも過去の自分を上回りたかった。そういう面では、まだまだ。風と友達になろうと思っていたけど、向かい風が強くて全然友達になれませんでした」と報道陣の笑いを誘った。

 日本陸上連盟の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダーは「粘っていい記録で走った。風を差し引けば2分から1分半くらいはよくなる」と指摘した。所属するダイハツの山中美和子監督も「今日もここに来るまで日本記録を頭に入れて、直前まで意識があった。でも、風向きを考えた時にあまり記録を出せる状態じゃないなと。後半の粘りを見ると、不可能な記録じゃないと思います」と説明。05年ベルリンマラソンで野口みずきがマークした2時間19分12秒の16年ぶり更新を期待した。

 松田は昨年1月の大阪国際女子で2時間21分47秒の日本歴代6位(当時)の好記録で優勝。残り1枠だった五輪代表の最有力に躍り出た。しかし、同3月の名古屋ウィメンズで一山が松田の記録を上回って代表内定。松田は五輪出場の夢が絶たれ、悔し涙を流していた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集