[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

3位菊地絵理香、13歳下・笹生の“指摘”でメンタル改善「パットで悩まなくなった」

女子ゴルフの今年初戦・ダイキンオーキッドレディスが6日、沖縄・琉球GC(6561ヤード、パー72)で行われた。3打差の4位で出た菊地絵理香(フリー)が3バーディー、ボギーなしの69で回り、通算10アンダーで首位に2打差の3位に浮上。4年ぶりとなるツアー通算4勝目へ、笹生優花(ICTSI)の言葉がきっかけでメンタル面が改善したことを明かした。西郷真央(大東建託)と森田遥(新英ホールディングス)が12アンダーで首位。

菊地絵理香【写真:Getty Images】
菊地絵理香【写真:Getty Images】

今年初戦ダイキンオーキッドレディス第3日

 女子ゴルフの今年初戦・ダイキンオーキッドレディスが6日、沖縄・琉球GC(6561ヤード、パー72)で行われた。3打差の4位で出た菊地絵理香(フリー)が3バーディー、ボギーなしの69で回り、通算10アンダーで首位に2打差の3位に浮上。4年ぶりとなるツアー通算4勝目へ、笹生優花(ICTSI)の言葉がきっかけでメンタル面が改善したことを明かした。西郷真央(大東建託)と森田遥(新英ホールディングス)が12アンダーで首位。

【特集】心を一つにつかんだ銀メダル 栄光に続くチームビルディングとは / バスケットボール・髙田真希選手インタビュー(GROWINGへ)

 菊地がジワリと差を詰めた。6番パー4の第2打。残り130ヤードから8アイアンで2メートルにピタリにつけてバーディーを奪った。安定したプレーでボギーなし。「パッティングのタッチが合っているので、3パットも一度もない。上手く2パットで収められているのが一番大きい」と充実感を滲ませた。

 安定したパットはメンタル面の違いによって生まれた。昨年11月の大王製紙エリエールレディス最終日に19歳の笹生と最終組でラウンド。グリーン上で判断が早く、リズムよく打っていた。「簡単に入れているように見えるのはなんでだろう」。翌週の練習中、13歳下の逸材に何を考えているのか聞くと、思ってもみない答えが返ってきた。

「そんな簡単に入るとは思っていないから、ラウンド中に打ち方を変えるとか、そういうのも一切気にしないです。もちろん、入れたい気持ちはあるし、入れるつもりで打っているけど、入ると思ってるんですか? 芝一本でラインが変わってしまうので、入らないのが普通ですよ。入ると思って打たない方がいいわけではないですけど、考え過ぎるのも良くないんじゃないですか」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集