[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

伊調馨が語った女子選手の体重管理 核心を突いた「自分の体に興味を持つ」のアドバイス

スポーツを習い始めたばかりの小学生、部活に打ち込む中高生、それぞれの高みを目指して競技を続ける大学生やトップカテゴリーの選手。すべての女子選手たちへ届ける「THE ANSWER」の連載「女性アスリートのカラダの学校」。小学生からオリンピアンまで指導する須永美歌子先生が、体やコンディショニングに関する疑問や悩みに答えます。第22回は前回に続いて「女性スポーツフォーラム2021回顧」。

4大会連続で五輪金メダルを獲得した伊調馨【写真:Getty Images】
4大会連続で五輪金メダルを獲得した伊調馨【写真:Getty Images】

連載「女性アスリートのカラダの学校」第22回―「女性スポーツフォーラム2021回顧」

 スポーツを習い始めたばかりの小学生、部活に打ち込む中高生、それぞれの高みを目指して競技を続ける大学生やトップカテゴリーの選手。すべての女子選手たちへ届ける「THE ANSWER」の連載「女性アスリートのカラダの学校」。小学生からオリンピアンまで指導する須永美歌子先生が、体やコンディショニングに関する疑問や悩みに答えます。第22回は前回に続いて「女性スポーツフォーラム2021回顧」。

【特集】「タブーなしで考える女性アスリートのニューノーマル」 THE ANSWER的「国際女性ウィーク」特設サイトはこちら

 ◇ ◇ ◇

 去る2月6日に開催された、日本体育大学主催のオンラインイベント「女性スポーツフォーラム2021」。アテネ、北京、ロンドン、リオデジャネイロと、4大会連続で金メダルを決めた女子レスリングの伊調馨さん(ALSOK)を招き、「金メダリストに学ぶ! アスリートとコーチが知っておきたい女性アスリートのコンディショニング」をテーマに、様々なお話を伺いました。

 当イベントでは私も伊調さんと「月経」と「体調管理」を軸に対談。その内容をこの連載で2回にわたりお伝えしています。前回の「月経」に続き、今回は体重管理とコンディショニングについて、伊調さんのコメントを振り返りながら、お話していきましょう。

 レスリングのような階級制競技では、出場資格を得る条件の一つに体重があります。伊調さんは、高校時代は56kg級、アテネからロンドン五輪では63kg級、リオでは58kg級と、その時々の大会のルールに合わせて階級を選択し、試合に臨んできました。

 伊調さんの場合、苦労されたのは減量ではなく増量だったそうです。彼女のベストは60kg。しかし、「63kg級に出場する選手は、試合では67、68kgある。自分もせめて63kgないと戦えないため、ご飯をたくさん食べたり、筋トレを増やしたりと工夫してコンディションを作っていった」そうです。

 東京五輪出場を目指していた当時の階級は、57kg級。60kgがベストの彼女にとって2~3kgの減量はそれほど難しいことではなかったそうです。

「普段の練習で1.2~1.5kgは落ちる。最後は着こんで汗を流す、摂取する水分量を減らせば、2kg近く落ちます。あとは睡眠でどのぐらい減るかなど計算しながら計量までの2、3日で体重を調整していた」とのこと。

 そして、一番大切にしていたのは、「普段はあまり体重を気にせず、食べたいものを食べて体を作り、試合の直前に少し絞り、計量をパスする。大事なのは体重ではなく、体の中身。筋量を増やして脂質を減らし、戦うための体のベースを作ること」とお話しされていました。

 ここで最も大事なのは、「重さではなく中身が大事」というメッセージです。コメントを読むとわかりますが、伊調さんは「自分は何をしたら、どのぐらい体重が減るのか・増えるのか」をよく知っています。普段から食べる物や量を制限するのではなく、何をどれぐらい食べると体はどう変化するのか? 調子のよいときはどのぐらい体重があるのかなど、「数字」だけではなく「状態」を総合的かつ客観的に把握する。

 それによって、一時的な「数字」の変化に振り回されることなく、自らのコンディションと向き合い、うまく体重をコントロールすることに、つながったのだと感じます。

1 2

須永 美歌子

日本体育大学教授、博士(医学)。日本オリンピック委員会強化スタッフ(医・科学スタッフ)、日本陸上競技連盟科学委員、日本体力医学会理事。運動時生理反応の男女差や月経周期の影響を考慮し、女性のための効率的なコンディショニング法やトレーニングプログラムの開発を目指し研究に取り組む。大学・大学院で教鞭を執るほか、専門の運動生理学、トレーニング科学の見地から、女性トップアスリートやコーチを指導。著書に『女性アスリートの教科書』(主婦の友社)、『1から学ぶスポーツ生理学』(ナップ)

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビュー記事、健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌で編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(中野ジェームズ修一著)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、以上サンマーク出版)、『走りがグンと軽くなる 金哲彦のランニング・メソッド完全版』(金哲彦著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集