[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平は「昨年とは全然違った」 圧巻5Kを米記者称賛「球自体は本当に良かった」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、アスレチックスとのオープン戦で今季初の実戦登板。1回2/3で5奪三振、3安打1失点だった。最速は100マイル(約161キロ)を計測した一方で、スプリットの切れも抜群でアウト全てを三振で奪った。米記者からも続々、称賛が集まっている。

実戦登板で5奪三振の大谷翔平【写真:AP】
実戦登板で5奪三振の大谷翔平【写真:AP】

1回2/3で5奪三振、米記者称賛「オオタニは再び感動させてくれた」

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、アスレチックスとのオープン戦で今季初の実戦登板。1回2/3で5奪三振、3安打1失点だった。最速は100マイル(約161キロ)を計測した一方で、スプリットの切れも抜群でアウト全てを三振で奪った。米記者からも続々、称賛が集まっている。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 直球は威力十分だったが、伝家の宝刀も凄まじい落ち方だった。2回1死一、二塁で大谷はカンハに対してスプリットを投じた。ストライクゾーンから打者の内角へ、シュートのように切れ込むようにして急激に変化。足元に当たりそうなほど落ちるボールに、カンハのバットは空を切った。

 5つのアウトは全て三振。やや制球を乱し、球数が増える部分もあったが、初登板としては上々の内容だった。大谷の2021年初登板を振り返り、米記者からもツイッター上で続々と拍手が送られている。

 MLB公式サイトのエンゼルス番のレット・ボリンジャー記者は「エンゼルスの二刀流スターのショウヘイ・オオタニは再び感動させてくれた。1回2/3で5奪三振、100マイルにも届いた」とレポート。米スポーツ専門局「CBSスポーツ」のダニー・ヴィエッティ記者も「ショウヘイ・オオタニは最初のスプリングトレーニングの登板試合で、5つのアウトを奪ったが、全て奪三振だった。球自体は本当に良かった」とボールの質の良さを認めている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集