[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、比嘉大吾と“本気対決”で貫録 ノーガード、左構えも披露「ガチでやった」

新型コロナウイルスと戦う医療従事者や患者を支援するボクシングのチャリティーイベント「LEGEND」が11日、東京・代々木第一体育館で行われた。スパーリング形式で行われる3分×3回のエキシビションマッチ。WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)と元WBC世界フライ級王者・比嘉大吾(Ambition)が激突した。

ボクシングチャリティーイベント「LEGEND」に登場した井上尚弥(右)と比嘉大吾【写真提供:LEGEND実行委員会】
ボクシングチャリティーイベント「LEGEND」に登場した井上尚弥(右)と比嘉大吾【写真提供:LEGEND実行委員会】

ボクシングチャリティーイベント「LEGEND」

 新型コロナウイルスと戦う医療従事者や患者を支援するボクシングのチャリティーイベント「LEGEND」が11日、東京・代々木第一体育館で行われた。スパーリング形式で行われる3分×3回のエキシビションマッチ。WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)と元WBC世界フライ級王者・比嘉大吾(Ambition)が激突した。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 ヘッドギアありでスタートした一戦。井上は素早いハンドスピードで手数を出した。序盤からジャブが交錯。左フック、アッパーと多彩さを見せると、ボディーを打ち込んだ。会場にエキシビションの空気はなく、ファンは固唾をのんで見守った。ノーガードでパンチをかわす場面も。さらにロープに背をつけたまま両手を広げ、打ってこいとジェスチャー。比嘉がパンチを繰り出す中、井上は打って返した。

 2回の途中からは井上が左構えにスイッチ。余裕を見せながらボディーやアッパーを繰り出し、技術の違いを見せつけた。最終ラウンドからヘッドギアを外すと、観客からはどよめき。比嘉が拳を振り回す一方で、井上の左ボディーが炸裂すると、鈍い音が会場に響いた。最後は猛攻に出る比嘉に対し、冷静に対応。終盤は互いに強打を当てる打撃戦で幕を閉じた。

 井上は試合後のインタビューで「このコロナ禍で会場におこしいただき本当にありがとうございました。このイベントが決まって相手がなかなか決まらない中、比嘉選手、スパーリングを受けてくださってありがとうございました」とコメント。「あくまでスパーリングなので、普段見せない動き、サウスポーもやりましたけど、決して手を抜いたわけではありません。ガチでやりました」と明かした。

 比嘉はバンタム級に転向。現在の世界ランクはWBA8位、WBC14位、WBO8位としている。いずれ対戦する可能性もある両者が激突したエキシビション。「コロナ禍で集まってくれてありがとうございます。尚弥さん、ありがとうございました。何て言えばいいんでしょう。疲れました」と振り返った。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集