[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

マクレガー、3度目復帰戦は「仕方ない」完敗 現役続行に意欲「すぐ戻ってきたい」

米最大の総合格闘技「UFC」のコナー・マクレガー(アイルランド)は23日(日本時間24日)、UAEで行われた「UFC257」ライト級マッチ(5回×5分)で元同級暫定王者ダスティン・ポイエー(米国)に2回2分32秒TKO負けした。昨年3度目の引退を表明しながら撤回し、1年ぶりの復帰戦。2014年9月に下した相手に再戦で敗れた。UFC公式や海外メディアは続々とSNSで試合動画を公開している。

コナー・マクレガー(右)はダスティン・ポイエーに2回TKO負けした【写真:Getty Images】
コナー・マクレガー(右)はダスティン・ポイエーに2回TKO負けした【写真:Getty Images】

マクレガーVSポイエー、2014年9月以来の再戦

 米最大の総合格闘技「UFC」のコナー・マクレガー(アイルランド)は23日(日本時間24日)、UAEで行われた「UFC257」ライト級マッチ(5回×5分)で元同級暫定王者ダスティン・ポイエー(米国)に2回2分32秒TKO負けした。昨年3度目の引退を表明しながら撤回し、1年ぶりの復帰戦。2014年9月に下した相手に再戦で敗れた。UFC公式や海外メディアは続々とSNSで試合動画を公開している。

【特集】「無理せず楽しく」ポジティブ思考の金メダリストが説くランニングのススメ / マラソン・野口みずきさんインタビュー(GROWINGへ)

 マクレガーは呆然と天井を見つめた。初回、互いに腕を取った状態から相手の顔面に肩パンチ。残り1分半に左ストレートを炸裂させ、続けて右アッパーも入れた。優位に進めると、2回開始直後にも右アッパーをズドン。しかし、何度も右足にカーフキックを浴びて徐々にダメージを重ねた。さらに圧力をかけられ、ストレートをモロに浴びてぐらつく。連打を重ねられ、右フックを受けたところでレフェリーストップ。仰向けに朦朧としていた。

 試合直後のインタビューでは「長い時間、離れていた中での結果なので仕方ない」と吐露。「足に効いていた。スタンド(立ったまま)での試合で動ききれない状態になってしまった」とカーフキックによるダメージを認め、こう続けた。

「またカムバックしたいと思う。もちろん自分はアクティブにいたいと思う。このビジネスを続けるためにアクティブでいたい。動きを止めてしまえば終わってしまう。すぐにでも戻ってきたい。誇りを持ってオクタゴンで試合をした。そしてそこから去っていく。ハングリーな若手もいる。また立て直してきたい。ありがとう」

 32歳のマクレガーは2016年4月、19年3月に引退を表明したが、いずれも数日で撤回。昨年6月には3度目の引退を表明し、同11月に今回の復帰戦が海外メディアで報じられていた。今回のノンタイトル戦前は、マクレガーがライト級4位、ポイエーが同2位だった。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集