[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

マクレガーを「カーフキック」で形勢逆転 ポイエーが語る勝因「闇雲に打ってはダメ」

米最大の総合格闘技「UFC」のコナー・マクレガー(アイルランド)は23日(日本時間24日)、UAEで行われた「UFC257」ライト級マッチ(5回×5分)で元同級暫定王者ダスティン・ポイエー(米国)に2回2分32秒TKO負けした。ポイエーは2014年9月以来の再戦でリベンジ成功。UFC公式や海外メディアが続々とSNSで試合動画を公開する中、勝者は「闇雲に打つのはいけない」とカーフキックを勝因の一つに挙げた。

ダスティン・ポイエーは2回TKOでコナー・マクレガーを破った【写真:Getty Images】
ダスティン・ポイエーは2回TKOでコナー・マクレガーを破った【写真:Getty Images】

マクレガーにカーフキック連発、序盤の不利を逆転ポイエー「技術戦をしようと」

 米最大の総合格闘技「UFC」のコナー・マクレガー(アイルランド)は23日(日本時間24日)、UAEで行われた「UFC257」ライト級マッチ(5回×5分)で元同級暫定王者ダスティン・ポイエー(米国)に2回2分32秒TKO負けした。ポイエーは2014年9月以来の再戦でリベンジ成功。UFC公式や海外メディアが続々とSNSで試合動画を公開する中、勝者は「闇雲に打つのはいけない」とカーフキックを勝因の一つに挙げた。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 マクレガーを倒しきった。初回、ポイエーはストレートとアッパーを浴びて守勢に回る展開だった。しかし、相手のふくらはぎを蹴る「カーフキック」を多用。左足首を引っかけるようにして、マクレガーの前足となる右膝の下を腫れさせた。徐々に足が止まり始めたマクレガーは嫌がるそぶりも。さらにポイエーが圧力をかけると形勢逆転。ストレートを入れ、連打を浴びせたのちに最後は右フックで沈めた。

 終盤は怒涛の25連打。昨年3度目の引退を表明しながら撤回し、1年ぶりの復帰戦となったマクレガーにTKO勝ちだ。試合後のインタビューでポイエーは「サプライズはない。まずはコナーに対し、一緒に戦ってくれたことに感謝したい」と心境を明かした。さらにカーフキックが効いていたことをインタビュアーに振られると、こう返答した。

「まずテクニカルな試合をしようと。自分のパンチだけに頼らず、相手をしっかり見ることも頭に入れていた。闇雲に打つのはいけないと思っていた。彼には尊敬の気持ち以外何もない。今日はコナーに対していいパンチを打てた」

 昨年大晦日の「RIZIN.26」でも話題となったカーフキック。マクレガーも「足に効いていた。スタンド(立ったまま)での試合で動ききれない状態になってしまった」とカーフキックによるダメージを認めていた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集