[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

マクレガー、1年ぶり復帰戦でまさかの2回TKO負け 3度目引退撤回後初戦で元王者に玉砕

米最大の総合格闘技「UFC」のコナー・マクレガー(アイルランド)は23日(日本時間24日)、UAEで行われた「UFC257」ライト級マッチ(5回×5分)で元同級暫定王者ダスティン・ポイエー(米国)に2回TKO負けした。昨年3度目の引退を表明しながら撤回し、1年ぶりの復帰戦。2014年9月以来の再戦となった相手に敗戦、UFC公式ツイッターは決着直後のシーンなどの動画を公開している。

コナー・マクレガー(左)はダスティン・ポイエーに2回TKO負けした【写真:Getty Images】
コナー・マクレガー(左)はダスティン・ポイエーに2回TKO負けした【写真:Getty Images】

マクレガーVSポイエー、2014年9月以来の再戦

 米最大の総合格闘技「UFC」のコナー・マクレガー(アイルランド)は23日(日本時間24日)、UAEで行われた「UFC257」ライト級マッチ(5回×5分)で元同級暫定王者ダスティン・ポイエー(米国)に2回TKO負けした。昨年3度目の引退を表明しながら撤回し、1年ぶりの復帰戦。2014年9月以来の再戦となった相手に敗戦、UFC公式ツイッターは決着直後のシーンなどの動画を公開している。

【特集】「無理せず楽しく」ポジティブ思考の金メダリストが説くランニングのススメ / マラソン・野口みずきさんインタビュー(GROWINGへ)

 マクレガーが元王者に粉砕された。初回、テイクダウンを許したが、すぐさま反撃。互いに腕を取った状態から、マクレガーが相手の顔面に肩パンチを叩き込んだ。残り1分半に左ストレートが炸裂。続けて右アッパーも入れた。2回開始直後にも右アッパーをズドン。しかし、何度も右足にカーフキックを浴びて徐々にダメージを重ねた。

 圧力をかけられると、ストレートをモロに浴びてぐらつく。さらに連打を重ねられ、右フックを浴びたところでレフェリーは試合を止めた。

 32歳のマクレガーは2016年4月、19年3月に引退を表明したが、いずれも数日で撤回。昨年6月には3度目の引退を表明し、同8月には長年付き合ったディー・デブリンさんとの婚約を発表。同11月に今回の復帰戦が海外メディアで報じられていた。ポイエーとは14年9月にフェザー級で対戦し、マクレガーが106秒TKO勝ち。今回のノンタイトル戦前は、マクレガーがライト級4位、ポイエーが同2位だった。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集