[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「カズト・イオカが偉人の地位を固める形に」 米メディアが称賛した井岡の技術とは?

ボクシングWBO世界スーパーフライ級タイトルマッチが31日、東京・大田区総合体育館で行われ、王者の井岡一翔(Ambition)が同級1位の田中恒成(畑中)に8回TKO勝ちで2度目の防衛に成功した。屈指の日本人実力者対決は戦前から海外からも注目を浴びていたが、米専門メディア「ボクシングシーン.com」でも試合をレポート。世界戦で17勝目の井岡に対して「現代の偉人としての地位を永遠に固める形となった」と評し、高いディフェンス力に拍手を送っている。

井岡一翔(撮影は2019年)【写真:Getty Images】
井岡一翔(撮影は2019年)【写真:Getty Images】

大晦日の日本人対決を米専門メディアがレビュー

 ボクシングWBO世界スーパーフライ級タイトルマッチが31日、東京・大田区総合体育館で行われ、王者の井岡一翔(Ambition)が同級1位の田中恒成(畑中)に8回TKO勝ちで2度目の防衛に成功した。屈指の日本人実力者対決は戦前から海外からも注目を浴びていたが、米専門メディア「ボクシングシーン.com」でも試合をレポート。世界戦で17勝目の井岡に対して「現代の偉人としての地位を永遠に固める形となった」と評し、高いディフェンス力に拍手を送っている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 日本人初の4階級制覇王者と、4階級制覇を目指した無敗の逸材。注目の日本人対決で貫録を見せつけたのは井岡だった。5回、6回にダウンを奪い、8回に左フックで田中をぐらつかせたところでレフェリーが試合を止めた。

 大晦日に演じられた名勝負を、同メディアは「カズト・イオカがコウセイ・タナカを8回に倒した。115ポンドのタイトルを防衛」の見出しでレビューしている。

「カズト・イオカが伝統を守った。現代の偉人としての地位を永遠に固める形となった」

 記事では世代交代を許さなかった31歳の井岡について、最大限の賛辞を送っている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集