[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

カネロ、負傷箇所に叩き込む“無慈悲な右”決定的瞬間にリング誌「意図的に狙った」

ボクシングのカネロこと世界4階級制覇王者サウル・アルバレス(メキシコ)が19日(日本時間20日)、米テキサス州でWBA世界スーパーミドル級スーパー王者カラム・スミス(英国)に3-0で判定勝ちした。激闘により、スミスは左上腕を負傷。試合後には異様なほど腕が大きく腫れ上がった。米専門誌「ザ・リング」はカネロが負傷箇所に叩き込む“無慈悲な右”の決定的瞬間の画像を公開し「意図的に狙っていた」とつづっている。

カラム・スミスを圧倒したカネロ【写真:Getty Images】
カラム・スミスを圧倒したカネロ【写真:Getty Images】

スミスは左上腕を負傷、異様に腫れた様子とは

 ボクシングのカネロこと世界4階級制覇王者サウル・アルバレス(メキシコ)が19日(日本時間20日)、米テキサス州でWBA世界スーパーミドル級スーパー王者カラム・スミス(英国)に3-0で判定勝ちした。激闘により、スミスは左上腕を負傷。試合後には異様なほど腕が大きく腫れ上がった。米専門誌「ザ・リング」はカネロが負傷箇所に叩き込む“無慈悲な右”の決定的瞬間の画像を公開し「意図的に狙っていた」とつづっている。

【注目】新天地で活躍中! 久保建英の見事な守備からヘタフェが開始20秒で先制する動画はこちら

 カネロの強さが伝わってくる。リング誌が1枚の画像を公開。ガードを固め、ロープにもたれるスミスに対し、カネロが思い切り右拳をぶつけている。着弾したのはスミスの左上腕だ。同誌は決定的瞬間を捉えた画像の下に3枚の画像を並べている。試合後のスミスが写っているが、左上腕が異様なまでに腫れ上がっている。

 画像を投稿したリング誌公式インスタグラムは「カネロは、カラム・スミスの最大の武器の一つがカウンターフックであることは分かっていたので、スミスの左腕を意図的に狙っていたことを明かした。痛い!」と投稿。スミスは海外メディアに試合序盤に負傷したと話していたが、激しい動きで筋断裂などを起こしたのか、カネロの拳によるダメージなのかは明らかになっていない。それでも、同誌は強烈な一撃を加えた瞬間に注目しているようだ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集