[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【名珍場面2017】ファミスタから飛び出した!? 実写版「ぴの」出現、バントから本塁生還の衝撃ラン

2017年のスポーツ界を沸かせた名シーンを連日にわたって振り返る「名珍場面2017」。今回は9月に米大リーグで飛び出した「バントから本塁生還の衝撃ラン」だ。セーフティーバントから、一気に本塁生還する選手が誕生。日本の野球ファンにとっては「実写版ぴの」のような仰天シーンをMLBの動画紹介コーナー「Cut4」が公式ツイッターで紹介し、当時はファンに驚きが広がった。

「スポーツ名珍場面の総集編」…9月にMLBで起きた「バント→本塁生還」の珍事

 2017年のスポーツ界を沸かせた名シーンを連日にわたって振り返る「名珍場面2017」。今回は9月に米大リーグで飛び出した「バントから本塁生還の衝撃ラン」だ。セーフティーバントから、一気に本塁生還する選手が誕生。日本の野球ファンにとっては「実写版ぴの」のような仰天シーンをMLBの動画紹介コーナー「Cut4」が公式ツイッターで紹介し、当時はファンに驚きが広がった。

 まるでファミスタの世界から飛び出したかのようだった。まばたきもできない衝撃の走塁を演じたのは、ツインズのブライアン・ドジャー内野手だ。

 9月23日(日本時間24日)のタイガース戦。それも、初回先頭だった。リードオフマンの右打者ドジャーは2球目、意表を突くセーフティーバントを試みた。しかし、これを懸命に猛ダッシュし、素手で捕球した三塁手カンデラリオの一塁送球が逸れ、右翼ファウルゾーンへ。ドジャーは一塁を蹴って一気に加速した。

 ところが、次の瞬間、異変が起こる。右翼手も二塁手もカバーを怠り、反応が遅れていたのだ。ドジャーは二塁も蹴って三塁へ。そして、ボールを捕球できなかった一塁手が自ら捕りに行き、追いつこうとする頃には三塁も回っていた。驚異的なスピードは落ちることなく、本塁へ突進。最後はヘッドスライディングで突っ込んで生還してみせた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集