[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

田中希実に1秒46差惜敗 五輪内定お預けの廣中璃梨佳が涙「ラストは凄く強いなと…」

陸上長距離種目の日本選手権が4日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。女子5000メートルでは、21歳の田中希実(豊田自動織機TC)が15分05秒65で初優勝を飾り、東京五輪代表に内定。五輪初出場を決めた。優勝すれば内定していた20歳の廣中璃梨佳(日本郵政グループ)は15分07秒11で1秒46差の2位。レース後は涙を流しながら心境を明かした。

日本選手権、女子5000メートルで2位だった廣中璃梨佳(右)【写真:奥井隆史】
日本選手権、女子5000メートルで2位だった廣中璃梨佳(右)【写真:奥井隆史】

陸上長距離種目の日本選手権開催

 陸上長距離種目の日本選手権が4日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。女子5000メートルでは、21歳の田中希実(豊田自動織機TC)が15分05秒65で初優勝を飾り、東京五輪代表に内定。五輪初出場を決めた。優勝すれば内定していた20歳の廣中璃梨佳(日本郵政グループ)は15分07秒11で1秒46差の2位。レース後は涙を流しながら心境を明かした。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 序盤から田中と廣中が上位につき、12分14秒で4000メートル通過した時には2人の一騎打ちとなった。残り1周で互いにペースアップ。逃げる廣中を田中が追い、残り200メートル地点で田中がトップに立った。歯を食いしばる廣中。しかし、最後は田中が突き放して初優勝で五輪出場を内定させた。

 レース後、廣中はオンライン会見に出席。「順位とかいろいろあるけど、今の全力を出そうと思って走りました。相手を気にせず自分のペースで最後まで押し切ろうと思っていた」と感想を吐露。田中に惜しくも敗れ「最後に押した結果、ラストは凄く強いなと。ラストは悔いが残ったけど、今できることをやりました。まだまだ弱い自分がいるなと思ったので、また鍛え直していきたいです」と勝者を称賛しつつ、涙を拭いながら悔しさを露わにした。

 今大会、参加標準記録15分10秒00を突破した上で優勝すれば代表に内定。すでに同記録を突破済みの廣中と田中は、タイムに関わらず優勝すれば即内定という状況だった。廣中は9月の全日本実業団の5000メートルで日本歴代3位の自己ベスト14分59秒37を記録した。今季は1500メートル、3000メートル、5000メートルで自己記録を更新するなど成長を見せていた。

 今大会で内定は決められなかったが、これで東京五輪への道が途絶えたわけではない。「また6月に日本選手権がありますが、また一段と強くなった廣中璃梨佳を見せられるように頑張りたいです」と飛躍を誓った。

【主な上位選手の順位】
1位 田中希実、15分05秒65
2位 廣中璃梨佳、15分07秒11
3位 萩谷楓、15分19秒41
4位 西原加純、15分23秒88
5位 川口桃佳、15分24秒24
6位 田崎優理、15分24秒61
7位 和田有菜、15分25秒14
8位 五島莉乃、15分29秒03

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集