[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

原英莉花が同組で見た渋野日向子の復調「不安そうに見えた時も…今はそれが全くない」

女子ゴルフの2020年国内ツアー最終戦・JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップの第2日が27日、宮崎CC(6543ヤード、パー72)にて無観客で行われた。ツアー通算2勝の原英莉花(日本通運)が5バーディー、1ボギーの68で回り、通算9アンダーで単独首位をキープ。2打差2位の渋野日向子(サントリー)と同組で白熱した優勝争いを演じ、オンライン会見では渋野の復調した姿について「強さを感じる」などと印象を語った。

通算9アンダーで単独首位をキープした原英莉花【写真:Getty Images】
通算9アンダーで単独首位をキープした原英莉花【写真:Getty Images】

渋野日向子の復調に原英莉花「怖い」

 女子ゴルフの2020年国内ツアー最終戦・JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップの第2日が27日、宮崎CC(6543ヤード、パー72)にて無観客で行われた。ツアー通算2勝の原英莉花(日本通運)が5バーディー、1ボギーの68で回り、通算9アンダーで単独首位をキープ。2打差2位の渋野日向子(サントリー)と同組で白熱した優勝争いを演じ、オンライン会見では渋野の復調した姿について「強さを感じる」などと印象を語った。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 熱い週末を迎えそうだ。原が単独首位をキープした一方、1打差の2位で出た渋野もくらいついた。古江彩佳(フリー)も含め、一時は首位が入れ替わる白熱した優勝争い。16番で8メートルのバーディーパットを沈めた原は、11番までに5バーディーで猛追してきた渋野とのラウンドについてこう明かした。

「(渋野は)しっかり球を捉えて、バーディーパットもしっかり打ってくる。終始、気を抜けないラウンドになりましたね。私もシブコのプレーを見て、2人ともいい流れで回れたと思う」

 同じ1998年度生まれの黄金世代。この日は2サム(2人1組)で回り、肘タッチも交わして健闘を称え合った。今季、渋野は開幕から予選落ちが続き、右足裏痛を抱えるなど不調に。しかし、前週は5位と調子を上げ、今週は堂々の首位争いだ。「最近、振れている」とショットの勢いも戻りつつあるようだが、18ホールを間近で見た原は何を感じたのか。会見で印象を問われ、こう説明した。

「凄く芯に当たっている球の飛び方をしていると思います。パットもそうですが、迷いなくやっているのかなと。強さを感じますね」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集