[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

甦るパッキャオの強烈KO 宿敵呆然の“伸びた左”に米再熱狂「これは恐ろしい」

ボクシングの世界6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)が演じた強烈なKO勝ちが再び脚光を浴びている。2006年11月18日にエリック・モラレス(メキシコ)と3度目の対戦。米メディアが決着をつけた左ストレートのKO動画を公開すると、米ファンから「これは恐ろしい」「超興奮する」と衝撃が甦っている。

2006年11月18日、マニー・パッキャオ(右)はエリック・モラレスにKO勝ちした【写真:Getty Images】
2006年11月18日、マニー・パッキャオ(右)はエリック・モラレスにKO勝ちした【写真:Getty Images】

パッキャオVSモラレス第3戦、決着をつけた左ストレートが凄い

 ボクシングの世界6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)が演じた強烈なKO勝ちが再び脚光を浴びている。2006年11月18日にエリック・モラレス(メキシコ)と3度目の対戦。米メディアが決着をつけた左ストレートのKO動画を公開すると、米ファンから「これは恐ろしい」「超興奮する」と衝撃が甦っている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 観客総立ちの盛り上がりだ。3回、27歳のパッキャオはモラレスに圧力をかけて接近。右、左、右と連打を放つと、最後は左ストレートだ。相手の顔は跳ね上がり、ロープにもたれるようにしてダウン。再開後もラッシュをかけると、右ジャブから左ストレートを叩き込んだ。最初のジャブは届かない距離だったようだが、ストレートは左腕を思い切り伸ばして着弾。ダウンしたモラレスは呆然とした表情を浮かべ、リングサイドを見ながら小さく首を横に振った。

 1勝1敗で迎えた決着戦。動画を公開した米スポーツ専門局「ESPNリングサイド」の公式インスタグラムは「第3戦をこのパンチで終わらせた」とつづると、米ファンから「これは恐ろしい」「モラレスも勇敢だった」「超興奮する」「モラレスファンとしてとてもショックを受けた」「最も偉大」「これがマニー・パッキャオ」「なんて一戦だ。決して忘れない」「凄いな」と再び熱狂した様子のコメントが上がっている。

 パッキャオはマルコ・アントニオ・バレラ、ファン・マヌエル・マルケスなど数ある宿敵の一人を撃破。今なお衝撃のシーンのようだ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集