[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子、心の余裕が生んだ好発進 同伴競技者に感謝のワケ「やっぱりそこが1番」

女子ゴルフの国内ツアー・大王製紙エリエールレディスオープン初日は19日、愛媛・エリエールGC松山(6545ヤード、パー71)にて無観客で行われた。15日に22歳となった渋野日向子(サントリー)は、3バーディー、ボギーなしで国内では今季自己ベストスコアとなる「68」をマーク。首位と3打差の3アンダーで4位と、連覇へ向けて好発進を決めた。首位には6アンダーで19歳笹生優花、20歳西村優菜、20歳古江彩佳の3人が並んだ。

渋野日向子【写真:Getty Images】
渋野日向子【写真:Getty Images】

大王製紙エリエールレディスオープン初日

 女子ゴルフの国内ツアー・大王製紙エリエールレディスオープン初日は19日、愛媛・エリエールGC松山(6545ヤード、パー71)にて無観客で行われた。15日に22歳となった渋野日向子(サントリー)は、3バーディー、ボギーなしで国内では今季自己ベストスコアとなる「68」をマーク。首位と3打差の3アンダーで4位と、連覇へ向けて好発進を決めた。首位には6アンダーで19歳笹生優花、20歳西村優菜、20歳古江彩佳の3人が並んだ。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 久しぶりに初日から渋野の笑顔が輝いた。インスタートで前半2つ伸ばしたが、初日のキーとなったホールは早々に訪れた。11番パー5は2オンしながらも3パットでパー。それでも、続く12番では嫌な距離の2メートルを沈めてパーセーブした。

「あそこ(11番)でバーディー取りたい気持ちは強かったけど、外しても腹立つことはなかったです。気持ちのコントロールができていた。12番も長いパーパットが残ってしまったけど、慌てずにと考えてやっていた。それが昨年、今年の最初の頃とは違っていたなと思います」

 後半もスコアを落とさなかった。今季のボギーなしのラウンドは海外ツアーを含め、8日のTOTOジャパンクラシック最終日以来2度目だ。

「あれ(12番)が入ったことによって落ち着きました。あそこでいいストロークができて、これだなというのがわかった。そのあとはストロークしやすかったですね」

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集