[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

アーモンドアイ、史上初の“芝8冠” 歴史作った激走に感激の声「女王の意地見た」

競馬のG1天皇賞・秋(東京・芝2000メートル)は17日、C.ルメール騎乗の1番人気アーモンドアイ(牝5、美浦・国枝栄)が断然の支持に応え、史上初の芝のG1、8勝目を挙げた。直線半ばまで持ったまま。余裕たっぷりに抜け出す力強い勝利で新記録を打ち立てた女傑に、ネット上の競馬ファンは称賛を送っている。

アーモンドアイ【写真:Getty Images】
アーモンドアイ【写真:Getty Images】

断然の支持に応え芝のG1、8勝目…SNS上のファンは称賛「やっぱり現役最強」

 競馬のG1天皇賞・秋(東京・芝2000メートル)は17日、C.ルメール騎乗の1番人気アーモンドアイ(牝5、美浦・国枝栄)が断然の支持に応え、史上初の芝のG1、8勝目を挙げた。直線半ばまで持ったまま。余裕たっぷりに抜け出す力強い勝利で新記録を打ち立てた女傑に、ネット上の競馬ファンは称賛を送っている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 やっぱりアーモンドアイは強かった。五分のスタートから道中は4番手の外目を追走。勝負所で外から来られても動じない。手応え十分に直線を向くと、持ったままで前に並びかける。そして残り200メートルで鞍上ルメールがムチを入れると、さらに加速。前を行くダノンプレミアムをかわして先頭に立つと、追い込んできたクロノジェネシス、フィエールマンに並ばれることなく押し切った。

 6月7日の安田記念で2着に敗れて以来、4か月ぶりのレース。5歳の牝馬でもあり、「終わったのではないか?」という声も上がり始めていたが貫録の横綱相撲。これにSNS上のファンは「強い」「痺れる走り」「女王の意地を見た」「泣けた」「やっぱり現役最強」などと称賛を送っている。

 シンボリルドルフ、ディープインパクト、キタサンブラックらが打ち立てたG1、7勝の記録を抜いた女傑。さらに記録を伸ばすことはできるのか。無敗の3冠馬コントレイルやデアリングタクトとの対戦は実現するのか。次走も大きな注目を集めそうだ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集