[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子、ホールインワンの裏に欧米転戦の教訓 海外仕様で「スピン量が変わる」

女子ゴルフの樋口久子・三菱電機レディースが30日、埼玉・武蔵丘GC(6585ヤード、パー72)にて開幕。6月以来となる国内ツアー復帰となった渋野日向子(サントリー)は、8番パー3で自身プロ2度目のホールインワンを達成するなど1イーグル、1バーディー、3ボギー。首位と5打差のイーブンパー、32位タイで初日を終えた。ホールアウト後のオンライン会見では、海外での教訓をプレーに生かしたことを明かした。

渋野日向子【写真:Getty Images】
渋野日向子【写真:Getty Images】

樋口久子・三菱電機レディース初日

 女子ゴルフの樋口久子・三菱電機レディースが30日、埼玉・武蔵丘GC(6585ヤード、パー72)にて開幕。6月以来となる国内ツアー復帰となった渋野日向子(サントリー)は、8番パー3で自身プロ2度目のホールインワンを達成するなど1イーグル、1バーディー、3ボギー。首位と5打差のイーブンパー、32位タイで初日を終えた。ホールアウト後のオンライン会見では、海外での教訓をプレーに生かしたことを明かした。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 160ヤードの8番パー3、打った渋野にもカップインの音が聞こえた。2018年6月のアース・モンダミンカップ以来となるホールインワン。無観客試合で歓声がなく、ボールが落ちた音を聞いた本人は手で口を覆って「えぇ!!」と驚きの表情。キャディーと肘タッチをかわして笑顔も見せた。

 ティーアップをせずに打った渋野。海外でプレーするようになってから、ショートホールでは同様に打つことが増えたという。4番パー3では「若干迷いがあった」とティーを差して打ったが、飛距離が足らず。「あれだけショートしたということは何かしら影響があるのかなと思ったので。(ティーアップしないと)スピン量が変わってくる」と“海外仕様”に戻し、エースを達成した。

 8月の全英女子オープンに出場するなど、欧米を転戦。今季は6月の開幕戦以来となる国内ツアーだったが、海外での教訓を胸にプレーした。「フェアウェーキープが大事だとアメリカでかなり思ったので、飛距離を出したいところではあるけれど、自分の最高の動きをするということをかなり考えてやっていた」。全体的に、ショットが安定。後半短いパーパットを3つ外すなど課題を残したものの、2日目以降の修正に期待がかかる。

 この日、共にラウンドした同じ“黄金世代”の小祝さくらからは、海外の雰囲気などを聞かれたという。英語の聞き取りに関しては「全く(笑)」と笑ったが、畑岡奈紗、河本結らと戦った海外での試合について「同い年が3人いるというのは、すごく自分でも刺激になるし、やりがいになる。日本人選手が増えていくと、切磋琢磨していい状態になるのではないかと思う」と他の日本人選手が海外でプレーすることを歓迎していた。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集