[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

比嘉大吾、プロ18戦目初ドローに猛省 「世界に行けない」「前と比べ攻めの姿勢ない」

ボクシングの元WBC世界フライ級王者・比嘉大吾(Ambition)が26日、東京・後楽園ホールでバンタム級(53.5キロ以下)ノンタイトル10回戦に臨み、日本同級13位・堤聖也(角海老宝石)に1-0(96-94、95-95、95-95)で引き分けとなった。世界戦で犯した体重超過の王座剥奪から再起後2連勝はならず。比嘉の戦績は16勝(16KO)1敗1分け、堤は5勝(4KO)2分けとなった。

引き分けに終わった比嘉大吾【写真:浜田洋平】
引き分けに終わった比嘉大吾【写真:浜田洋平】

比嘉大吾が8か月ぶりリングで引き分け

 ボクシングの元WBC世界フライ級王者・比嘉大吾(Ambition)が26日、東京・後楽園ホールでバンタム級(53.5キロ以下)ノンタイトル10回戦に臨み、日本同級13位・堤聖也(角海老宝石)に1-0(96-94、95-95、95-95)で引き分けとなった。世界戦で犯した体重超過の王座剥奪から再起後2連勝はならず。比嘉の戦績は16勝(16KO)1敗1分け、堤は5勝(4KO)2分けとなった。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 比嘉は序盤から手数が多い相手に手を焼いた。大きなダメージを受けるほどではなかったが、相手の的確なパンチを被弾。中盤は優勢に試合を進めたが、終盤は前に出ることができずポイントを積み重ねられなかった。試合後の取材ではこう振り返った。

「判定まで行ったけど、最後は勝ったと思って判定まで行かせた。ちょっと(様子を)見てしまったところがある。そこが一番ダメ。相手は手数が多くてタフでした。相手はイメージ通りだったけど、自分がポイントを取っているという緩みがあった。効いたパンチはなかったけど、判定に出ている通り(ポイントを)取られている。今までより見ている時間が長かった。7、8回にセコンドから行けと言われたところで行けなかった。そこを直せば世界に行けるけど、今のままじゃ行けない」

 フライ級時代は日本記録タイの15戦連続KOを築き上げたが、体重超過を経て2階級上のバンタム級を主戦場に。階級の壁については「スピード、パワーの違いは練習からわかっていた。でも、結果が結果なので。フライ級の時と比べて攻めの姿勢がなかった」などと猛省。「悔しいけど期待されているのはKO。倒すボクシングじゃないとダメ。それに特化していかないといけない。今後に生かしたい」とKOへの強いこだわりを見せた。

 バンタム級の世界ランクはWBC8位、WBA9位につけているが、再び世界王者になることを目指している。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集