[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

比嘉大吾は「倒せなかったら負け」 再タッグの野木トレーナー辛辣「KOが宿命の選手」

ボクシングの元WBC世界フライ級王者・比嘉大吾(Ambition)が26日、東京・後楽園ホールでバンタム級(53.5キロ以下)ノンタイトル10回戦に臨み、日本同級13位・堤聖也(角海老宝石)に1-0(96-94、95-95、95-95)で引き分けとなった。世界戦で犯した体重超過の王座剥奪から再起後2連勝はならず。比嘉の戦績は16勝(16KO)1敗1分け、堤は5勝(4KO)2分け。試合後、野木丈司トレーナーはまな弟子に厳しい言葉を送った。

引き分けに終わった比嘉大吾(右)【写真:浜田洋平】
引き分けに終わった比嘉大吾(右)【写真:浜田洋平】

引き分けの比嘉大吾、報道陣にポツリ「試合、面白くなかったすか」

 ボクシングの元WBC世界フライ級王者・比嘉大吾(Ambition)が26日、東京・後楽園ホールでバンタム級(53.5キロ以下)ノンタイトル10回戦に臨み、日本同級13位・堤聖也(角海老宝石)に1-0(96-94、95-95、95-95)で引き分けとなった。世界戦で犯した体重超過の王座剥奪から再起後2連勝はならず。比嘉の戦績は16勝(16KO)1敗1分け、堤は5勝(4KO)2分け。試合後、野木丈司トレーナーはまな弟子に厳しい言葉を送った。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 比嘉は序盤から手数が多い相手に手を焼いた。大きなダメージを受けるほどではなかったが、相手の的確なパンチを被弾。中盤はペースを握ったが、終盤は攻勢を強めることができずポイントを重ねられなかった。

 6月にWBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔と同じジムへ移籍し、プロ入りから師事した野木トレーナーと約2年ぶりに再タッグ。セコンドについた同トレーナーは試合を振り返り「比嘉大吾は倒せなかったら負け」と言い切り、こう続けた。

「試合中もそう鼓舞した。本人も言った通り(様子を)見る時間が長かった。後半の行くべきところで行くのがこれからやるべきこと。やっぱり大吾はKOが宿命づけられているボクサー。今日の倍の手数が出ていればKOで終わっていたはず。そういうところを課題にしたい」

 ジャブで削っていくのが序盤のプラン。相手は消耗していったが、後半に仕留めきれず「最後は凄い気力で来られた。そこまでの過程で大吾が崩せなかった。フライ級時代とパンチの打ち方は変えていないです」と説明した。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集